最終更新日: 2020.05.25 公開日: 2020.05.22
暮らし

楽天ペイとは? サービス概要・使い方について徹底解説

楽天ペイとは、楽天グループの楽天ペイメントが運営しているスマホ決済サービスです。楽天サービスの利用で貯めた楽天スーパーポイントを日常の支払いに使えるといったメリットがあることから、利用者が多い、お得なスマホ決済サービスとなっています。
 
この記事では、楽天ペイのサービスやアプリの使い方について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

楽天ペイってどんなサービス?

楽天ペイは、アプリをスマホにダウンロードするだけで、お財布から現金やクレジットカードを出すことなく、簡単にスマホ決済ができるようになります。
 
また、楽天ペイを使うと
 
・楽天グループの利用で貯めた楽天スーパーポイントを楽天ペイに移行して、日常の支払いに使える
・さまざまなキャンペーンを活用して楽天ペイを利用すると、政府のキャッシュレス・ポイント還元事業分以外に楽天スーパーポイントが貯まる
・ラクマの売上金を楽天ペイに移行してそのまま支払いに使える
・お得なキャンペーンを頻繁に実施しており、ポイントを貯めやすい

 
というようにさまざまなメリットがあります。
 
楽天ペイはポイントを貯めやすい仕組みとなっているので、すでに楽天サービスを使っている楽天ユーザーだけではなく、
 
・これから楽天ペイを利用してポイントを貯め、いろいろなお店やECサイトでそのポイントを使いたい
 
という人にとっても、利便性が高いスマホ決済サービスということができます。

楽天ペイの登録・設定・使用方法

楽天ペイを使うには、楽天ペイアプリをスマホにダウンロードし、いくつかの設定をする必要があります。ただし、楽天ペイを実際に使うための設定方法は簡単なので「設定や登録が苦手」という人でも心配することはありません。それでは、楽天ペイの登録・設定・使用方法について詳しくみていきましょう。

楽天ペイの登録と初期設定方法

楽天ペイを使うには、まず使用しているスマホやタブレットに楽天ペイアプリをダウンロードして、その後に初期設定を行います。楽天IDを持っている人はアプリにそのままログインできますが、楽天IDを持っていない人は、まずIDを取得する必要があります。
 
1.楽天ペイアプリをダウンロード
2.ログイン画面からログイン、もしくは楽天会員の登録を開始
(楽天登録する場合はメールアドレスやユーザーID、パスワードなどの基本情報を入力し、すぐにID取得が完了)
3.楽天ペイアプリに楽天IDとパスワードを入力してログイン
4.電話番号を入力し、「SMS送信」をタップ
5.SMS送られてきた6桁の番号を、楽天ペイ画面上に入力して認証
6.お支払い元(支払いに使うクレジットカードもしくは楽天キャッシュを指定)を設定し、登録完了

 
画面に表示される指示に沿って入力をするだけなので、5分ほどでダウンロードと初期設定を終わらせることができます。

楽天ペイの使用方法

楽天ペイの支払い方法は「QR支払い」「コード払い」「セルフ」の3種類です。
 
コンビニでは「コード払い」が多く、一般の店舗では、店頭に設置してあるバーコードを読み込んで支払金額を手動で入力する「QR払い」が多くなっています。「セルフ」は対応店舗が限られているため、楽天ペイの利用では、まずは「QR払い」「コード払い」のやり方をしっかりと理解しておくと良いでしょう
 

QR払い
QR払いは、店舗ごとに設定されたQRコードを楽天ペイで読み込み、支払金額を入力して決済をする方法です。楽天ペイのホーム画面の右下に表示されている「QR読み取り」をタップするとカメラ画面に変わりますので、そこで店舗のQRコードを読み取ります。
 
読み取りが正常に行われると、店舗名が表示されますので、それを確認して支払金額を手動で入力しましょう。店舗の人に金額を確認してもらった後、「スライドでお支払い」のバーをスライドさせると、支払いが完了します。

 

コード払い
コード払いは、楽天ペイ画面に表示されているバーコードを、店舗で読み取ってもらう方法です。レジでスマホ画面を提示すると、店員さんがバーコードを読み取り、自動的に支払いが完了します。「コード払い」は一番手軽で簡単な方法となっています。

 

セルフ
セルフは、コード払いやQR払いに比べると利用頻度が少ない支払い方法です。楽天ペイの画面上にある「セルフ」をタップすると、現在位置情報を判断し、自分がいる場所に近くにある、「セルフ支払いができる店舗」が写真つきで表示されます。
 
その中から支払いをしたい店舗をタップし、支払金額を入力し、確認後に「スライドでお支払い」のバーをスライドさせ決済をします。位置情報で検索しており、遠い場所にある店舗は表示されませんので注意しましょう。

楽天ペイのチャージ方法

楽天ペイのチャージ方法は「楽天カード」「楽天銀行」「ラクマの売上金」の3種類です。それぞれのチャージのやり方をみていきましょう。

楽天カード

楽天カードでチャージするためには、まず「お支払元」に楽天カードを登録し、その後、チャージをする流れになります。お支払い元の登録方法は、以下の手順となっています。
 
1.ホーム画面の「お支払い元表示エリア」をタップ
2.「新しいカードを登録」をタップ
3.楽天会員ログインページに移るので、楽天IDとパスワードを使ってログイン
4.楽天の会員情報ページで楽天カードの登録を行う
5.楽天ペイの「支払い元表示エリア」をもう一度タップ
6.登録した楽天カードが表示され、楽天カードを選び「設定する」をタップ

 
これで、支払い元に「楽天カード」が設定されます。楽天カードによるチャージ方法は、以下の手順になっています。
 
1.楽天ペイ画面の「チャージ」をタップ
2.チャージしたい金額を手動で入力し「完了」をタップ
3.金額を確認し、最後に「チャージする」をタップしてチャージが完了します

楽天銀行

楽天銀行からチャージを行うには、まず楽天銀行口座の登録をする必要があります。楽天ペイに楽天銀行口座を登録してからデータが反映されるまで数日かかることもありますので、できれば早めに登録しておくようにしましょう。
 
楽天銀行からのチャージ手順は簡単で、以下のようになっています。
 
1.楽天ペイのホーム画面の「チャージ」をタップ
2.「チャージ方法」をタップ
3.「チャージ方法変更画面」で、楽天銀行を選んで「設定する」をタップ
4.チャージしたい金額を入力し、「完了」をタップ
5.金額を確認し「チャージ」をタップして完了

ラクマの売上金

楽天ペイでは、ラクマの売上金で「楽天キャッシュ」を購入することで、楽天ペイに売上金を移行させることができます。手順としては、ラクマと楽天を連動させ、その後チャージ手続きをする流れとなっています。ラクマと楽天IDを連動させる手順は、以下となっています。
 
1.ラクマアプリのホーム画面左上のメニューボタン「設定」から「楽天IDの連携」をタップ
2.ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップ

 
これで連携が完了します。楽天ペイとラクマの連携には最大2日間ほどかかる場合がありますので、ラクマを使っている人は早めにこの連動手続きを終わらせておきましょう。ラクマから楽天ペイのチャージの手順は、以下となっています。
 
1.ラクマの「マイページ」タブから「売上・ポイント管理」をタップ
2.「売上金を楽天キャッシュにチャージ」をタップ
3.チャージする金額を入力し、「チャージする」をタップ
4.指定した金額が楽天キャッシュにチャージされ、楽天ペイ上に反映されます

 
ラクマからのチャージは、1日100万円、月間1000万円が上限額となっていますので注意しましょう。もしも月間1000万円以上のチャージ希望の場合は、楽天キャッシュの上限枠引き上げを申請しましょう。

楽天ペイのメリット・デメリット

楽天ペイはメリットが多く、利便性が高いスマホ決済アプリですが、いくつかのデメリットもあります。メリットとデメリットをそれぞれまとめましたので、詳しくみていきましょう。

楽天ペイのメリット1 ポイント還元率が高い

楽天カードと楽天銀行との組み合わせで1%が還元されますが、さらに頻繁に実施されるお得なキャンペーンをうまく活用することで、1%以上のポイントを手に入れることができます。このように、楽天スーパーポイントをどんどん貯めていけるという点が、楽天ペイの大きなメリットとなっています。

楽天ペイのメリット2 使える店舗が多い

楽天ペイは、使える店舗が多いことも魅力です。
 
コンビニやスーパーだけではなく
・グルメ
・居酒屋
・家電量販店
・ファッション
・百貨店やモール
・引っ越し
・アミューズメント

 
など、多くのジャンルのお店で楽天ペイを使うことができます。スマホ決済サービスを使ってポイントを貯めたい場合であっても、使えるお店が少ないとポイントを貯めるチャンスも減ってしまいます。楽天ペイは使えるお店が多いので、ポイントを貯める機会が多いということも魅力となっています。

楽天ペイのメリット3 決済できるECサイトが多い

楽天ペイは、使える実店舗が多いだけではなく、楽天ペイで決済できるECサイトが多いということも大きなメリットとなっています。約5000のECサイト上の決済に楽天ペイを使うことができるので、インターネット上の買い物でも楽天ペイを使って、ポイントを効率的に貯めていくことができます。

楽天ペイのメリット4 お得なポイント還元キャンペーンが多い

楽天ペイではお得なキャンペーンを多く実施しており、それらをうまく活用することでより多くのポイントを獲得することができます。例えば、2020年4月に実施されているキャンペーンは実店舗・オンライン決済合わせて以下のようになっています。
 
・ダイコクドラッグで楽天ポイントカード提示&楽天ペイアプリ支払いで、最大10%ポイントバックキャンペーン
・ノエビアスタジアム神戸 2020シーズンキャンペーン
・丸善・ジュンク堂書店限定! 楽天ポイント最大5%還元キャンペーン
・ラクマに新規登録すると楽天お支払金額の5%還元キャンペーン
・条件達成で楽天ペイ利用時のポイントが+1%キャンペーン

 
このように、楽天ペイでは常に複数のお得なキャンペーンを実施していますので、こまめに楽天ペイの公式ページで情報を確認することをお勧めします。

楽天ペイのメリット5 期間限定ポイントをムダなく使える

楽天ペイでは、楽天サービスの利用で貯まった「期間限定ポイント」も支払いに使うことができます。
 
今までは「楽天の期間限定ポイントを消化したい」「使わずに消えてしまうとポイントがもったいない」という理由で、無駄に買い物をしてしまった経験があるという人も多いでしょう。
 
しかし、楽天ペイを使えば、そのような期間限定ポイントを日常の支払いに使うことができるので、無駄な買い物をすることなく、効率的にポイントを使うことができます。ポイントは、期限が短いものから自動的に消費されていく仕組みなので安心です。

楽天ペイのメリット6 ラクマの売上金を楽天ペイで使える

楽天ペイは、フリマアプリ「ラクマ」の売上金でチャージを行うことができるので、「たとえ少額の売上金であってもムダなく日常の支払いに利用できる」という点も大きな魅力となっています。

楽天ペイのデメリット1 登録できないクレジットカードがある

楽天ペイでは登録できるクレジットカードの種類が限られており「楽天カード」もしくは「VisaかMasterCard」のクレジットカードしか登録することはできません。また、チャージに使えるカードは「楽天カードのみ」となっていますので注意しましょう。

楽天ペイのデメリット2 支払金額を間違えてしまうと後処理が大変

楽天ペイのセルフ支払いでは、
 
・支払いする店舗を自分で選ぶ
・支払金額を入力する

 
という2つの手順を自分で行う必要があるため、支払い店舗を間違えて選択してしまう可能性があります。
 
もしも間違えて支払った場合は、その場で返金してもらうことはできません。楽天ペイのカスタマーズデスクに電話して、伝票番号を伝え、確認してもらう必要があり、時間と手間がかかります。間違えた支払いをしてしまうと、後の作業がとても大変になってしまいますのでセルフ支払いのときは注意しましょう。

楽天ペイを使用する際の注意点

楽天ペイは利便性が高く、簡単に使えるスマホ決済サービスですが、スマホ決済ならではの注意点があります。
 
それは、
・電波が通じないところではスマホ決済ができない
・スマホの電源が切れると支払いをすることができない

 
という2点です。楽天ペイは使える店舗が多く、お財布を持たずスマホひとつで外出できるという手軽さがあります。
 
しかし、電波が通らない店舗だったり、スマホの電源が予想外に切れてしまったりした場合は、支払いができなくなってしまいますので注意しましょう。

楽天ペイとその他キャッシュレス決済との比較

楽天ペイと、メルペイ、PayPayの機能を比べてみました【表1】。
 
【表1】


(楽天ペイ・メルペイ・PayPay 各HPより筆者が作成)
 
ポイント還元率は、PayPayが一番高く0.5%から1.5%となっていますが、楽天ペイでも、楽天カードと楽天銀行との組み合わせで1%が還元されます。さらに頻繁に実施されるお得なキャンペーンをうまく活用することで、1%以上のポイントを手に入れることができます。
 
メルペイのデメリットとしては、クレジットカードを登録できないということが挙げられます。PayPayはクレジットカード登録ができるものの、ヤフーカードのみとなっていますので、楽天カードかVisa、MasterCardを登録できる楽天ペイが、クレジットカード面では一番利便性が高いということができます。
 
利用できる実店舗の数は、iD決済ができるメルペイが一番多くなっています。楽天ペイも、楽天Edyが利用できること、5000以上のECサイトで決済ができることから利用できる店舗が多く、使いやすい便利なスマホ決済サービスということができます。
 
PayPayは実店舗では使えるところが多いのですが、電子マネーが利用できないこと、PayPayに対応しているECサイトが少ないという点が、デメリットということができます。
 
これらの点をふまえて考えると、ポイントを貯めやすく、利用店舗が多く、いろいろな種類のクレジットカードを登録できる楽天ペイが、この3つの中では一番利便性が高いスマホ決済サービスであるといえます。

まとめ

楽天ペイは、楽天スーパーポイントを支払いに使えること、利用できる店舗が多いこと、ポイントを貯めやすいことがメリットとなっており、お勧めできるスマホ決済サービスであるといえます。支払い方法は簡単で、最初の設定を行えばいつでも簡単に支払いを行い、楽天スーパーポイントを貯めていくことができます。
 
楽天ペイをうまく活用することで、毎日の生活をよりお得に、節約して過ごすことができますので、ぜひこの機会に楽天ペイを利用してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

PayPay(ペイペイ)と楽天ペイ、何が違うの?それぞれの特徴をチェックしよう
最近よく聞く「◯◯ペイ」自分に合うのはどれ?5つのペイの特徴を知ろう
消費増税後、2%または5%のポイント還元を受けるためのキャッシュレス決済
 



▲PAGETOP