最終更新日: 2019.05.17 公開日: 2018.05.02
家計

あなたは想像している以上に効果あり!? 誰でもできる「まとめ買い」

ファイナンシャルフィールドの読者の皆さんは、節約意識が高い人が多いようですね。「あなたの家の節約術を大募集」の企画では、多くの人が自身の節約術を紹介していました。
 
そのなかでも「買い物はまとめてする」という節約方法をとっている人が何名かいました。
 
これは、とても効果的な節約方法だと思います。というのも、買い物をまとめることは、自分の購買行動まで変えてしまう効果があるからです。思っている以上に、はるかに節約効果が大きいといえます。
前田菜緒

Text:

Text:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャル・プランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーを毎月開催。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。子どもが寝てからでも参加できるよう、セミナーや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

詳細はこちら
前田菜緒

執筆者:

Text:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャル・プランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーを毎月開催。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。子どもが寝てからでも参加できるよう、セミナーや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

詳細はこちら

ちょこちょこ買いは、無駄な出費を生み出すモト

買い物に行くということは、買う予定のないものが必ず視野に入ります。もちろん、不要なものには意識が行きませんから、通り過ぎるだけですが、思いがけずお買い得品を発見すると、少しうれしくなって購入することもあるのではないでしょうか。
 
特に節約好きな人ほど、お買い得品に目が行きます。必要なものがお買い得であったのなら無駄な出費にはなりませんが、なくてもどうにかなるけれど、あると便利かもしれない。お買い得品だから買おうという理由であれば、無駄な出費につながってしまいます。
 
また、日頃から気になっていたものが目に留まり、今日はついつい購入。このようなケースもあると思います。
 
例えば、こんな経験はありませんか。
 
処方箋を持ってドラッグストアの調剤コーナーに行きました。薬ができるまでの間、時間があるので店内をブラブラ。特に買う予定はなかったけれど、いつの間にかレジでお金を払っている、という経験。
 
ドラッグストア業界は、今、売上高が右肩上がりです。ドラックストアは何でもそろう便利なお店になり、利用者が増えていることや、調剤併設による調剤売上げの伸長によるところが背景にありますが、このような「ついで買い」が売上げに起因していることも否定できないでしょう。
 
このように高額でない日用品や食品であれば、抵抗なく購入してしまいますし、もしかすると必要でないものを購入していることを、自分では気づいていないかもしれません。気づいていないなら、なぜかお金が減るのが早いと感じていることでしょう。
 
一つ一つの金額は小さくても、このような購買行動が続けば大きな金額に膨れ上がってしまいますね。しかし、まとめ買いにより、買い物する日を決めてしまえば、その日以外は買い物をしなくなり、このような購買行動はなくなります。
 

まとめ買いにより購買行動まで変化する

さらに買い物回数が減ることにより、自分の行動自体にも変化が現れます。
 
今までないと生活が不便と思って、常備していたものが切れてしまったとしても、次の買い物の日までないままで生活しようと考えるようになり、実際、なくても生活ができてしまうのです。もちろん、なくても生活できるものの範囲には限界がありますが、思っている以上に生活ができることに気づくかもしれません。
 
すると常備品だったものが家から消え、「買う」から「買わない」に行動が変化します。買い物に行かないということは、時間の節約にもなりますから一石二鳥です。
 
このようにまとめ買いの効果は、自分の購買行動を変化させる効果がありますから、節約効果は想像以上に大きなものです。
 
買い物をまとめてする節約術を気になった人は、一度試してみてはいかがでしょうか。ATMでお金をおろす頻度が減るかもしれません。
 
Text:前田 菜緒(まえだ なお)
1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP(R)認定者



▲PAGETOP