更新日: 2020.05.12 キャッシュレス

メルペイが使えるお店一覧! いつもよく行っているお店の使用可否は?

メルペイが使えるお店一覧! いつもよく行っているお店の使用可否は?
メルペイはiD決済に対応しており、使えるお店が多いことが大きな魅力です。
 
「いつも自分が使っているお店でメルペイを利用できるのかどうか」が気になっているという人も多いのではないでしょうか。最近はメルペイのコード決済に対応するお店も増えてきており、より便利に使いやすくなっています。
 
この記事では、メルペイが使えるお店をまとめて紹介していきます。
 
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

メルペイについておさらい

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の子会社が運営しているスマホ決済サービスです。
 
メルペイでは、
 
・メルカリの売上をそのままメルペイで使えること
・iD決済に対応しており、他のスマホ決済アプリより使えるお店が多いこと

 
というメリットがあることから、メルカリユーザーだけではなく、一般の利用者にとっても使い勝手が良いスマホ決済サービスとなっています。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

メルペイはどこでも使用できるわけではない?

メルペイは便利なスマホ決済サービスではありますが、使えるお店と使えないお店があります。特に、「メルペイのiD決済は使えるが、メルペイのコード決済はできない」という店舗もあるため注意が必要です。
 
iD決済ができるスマホの場合は問題ありませんが、iD決済に未対応の機種を使っている場合は、メルペイを使えるのはコード決済対応のお店のみとなります。

メルペイが使えるコンビニ

メルペイで支払いができるコンビニは以下のようになっています。ファミマではメルペイのコード決済ができませんので注意しましょう。

メルペイが使えるドラッグストア

メルペイが使えるドラッグストアは以下となっています。
 
iD決済だけでなく、メルペイのコード決済を導入しているドラッグストアも多いことが特徴です。ただし、一部対象外の店舗がありますので、利用する店舗で確認するようにしましょう。

メルペイが使える飲食店

メルペイが使える飲食店は以下となっています。ただし、一部対象外の店舗がありますので、利用する店舗で確認するようにしましょう。




メルペイが使えるその他のお店

iD決済に対応しているお店は非常に多いため、メルペイを使ったiD決済では、コンビニやドラッグストア、飲食店だけではなく、以下のようなジャンルのお店でも行うことができます。
 
・モールや百貨店
・スポーツクラブ
・ホームセンターや雑貨店
・家電量販店
・書店
・レンタルビデオ店
・美容室
・紳士服販売店
・エンターテインメント施設
・タクシー
・ガソリンスタンド
・空港や交通施設
・インターネットカフェやカラオケ
・ホテルや旅館
・観光スポット
・amazonなどのネット決済
 
メルペイのiD決済を使えば、このようにかなり多くのお店で支払いをすることが可能です。

メルペイでの決済方法

メルペイの決済方法は「コード決済」と「iD決済」の2種類があり、支払いをするお店によって使い分けることができます。
 
メルペイのコード決済に対応しているお店は「メルペイで」と言って支払うことができますが、コード決済ができないお店では「iD(アイディ)で」と言って支払う必要があります。
 
iD決済の場合は、「メルペイで支払う」と言うと伝わらず「受け付けができません」と言われてしまいますので注意しましょう。

まとめ

メルペイはiD決済に対応しているため、使える店舗がとても多いことが特徴です。また、最近はメルペイのコード決済に対応する店舗も増えていることから、メルペイはますます便利になってきています。
 
政府が行っている「キャッシュレス決済・ポイント還元事業」対象のお店でメルペイを使った支払いをすると2%もしくは5%のポイントをもらうことができますし、お得なキャンペーンが開催されているときには、より多くのポイント還元がありますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

ライターさん募集