更新日: 2024.06.09 その他

ゴルフのプレー料金は時期によって違う? 1番お得なのはいつ?

ゴルフのプレー料金は時期によって違う? 1番お得なのはいつ?
ゴルフをやりたいと考えている人でも、道具をそろえるのにお金がかかったり、プレー料金が高かったりなどで、始めようか悩んでいる人もいるでしょう。また、ゴルフ場にはオンシーズンとオフシーズンがあり、季節によって料金が異なります。
 
本記事では、ゴルフのプレー料金が安くなる季節を紹介するとともに、ゴルフ場をお得に利用するためのポイントを紹介します。これからゴルフを始めたい方も、何度か経験して費用がかかると感じた方も、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

ゴルフ場にはオンシーズンとオフシーズンがある

ゴルフ場のプレー料金は、季節によって異なります。オンシーズンとオフシーズンがあり、需要が高まるオンシーズンは、ゴルフをプレーする人が増えるため料金も高くなります。
 
オフシーズンは、需要が低いため人を呼び込むために料金が安くなる傾向です。一般的に、春と秋は過ごしやすい気温のため、オンシーズンとなり、夏と冬は気温差が大きいため、オフシーズンとなります。
 

春と秋がオンシーズン

ゴルフ場のオンシーズンは、一般的に春と秋です。4月から7月がトップシーズンといわれており、利用する人も増える傾向があります。また、9月から11月までの秋ごろも需要の高い季節です。近年は、温暖化の影響により冬でも暖かい日が増えており、12月でも需要があり料金が高く設定されていることもあります。
 

夏と冬がオフシーズン

夏は暑く、冬は寒いため、ゴルフを楽しむ人が少なくなる傾向です。特に8月や1月、2月ごろは需要が低くなるため、料金が安くなる可能性があります。
 
オフシーズンの中でも、1月1日は、外出する人が少ないため、料金が安く設定されている傾向です。また、ゴールデンウイークもゴルフ需要が少ないため、比較的費用を抑えてゴルフを楽しめるでしょう。
 

ゴルフ場をお得に利用するためのコツ

ここでは、ゴルフ場をお得に利用するためのポイントを紹介します。ゴルフをやってみたいけど、費用がかかるため迷っている方は、ぜひ参考にしてください。
 

ネット予約を活用する

ゴルフのプレー料金を抑えるためには、ネット予約を活用しましょう。ネットではゴルフ場の料金相場を比較できるため、よりお得なゴルフ場を探せます。ゴルフ場側もネット予約を活用することで経費が抑えられるため、料金を安く設定しているケースがあります。
 

プレー中に飲むドリンクは事前に購入する

プレー中は、喉が渇くためドリンクを用意しておくとよいでしょう。しかし、ゴルフ場内の売店や自動販売機は、一般的な価格より高いケースが多くあります。そのため、ドリンクを事前にスーパーやドラッグストアなどで安く購入しておくと、当日使う費用を抑えられるでしょう。
 

ゴルフ場の練習場は使用しない

ゴルフ場の利用で費用を抑えたい場合は、練習場の利用は控えましょう。ゴルフ場内の練習場は、比較的単価が高い上に距離が短く、狭い練習場が多い傾向です。安くしっかり練習するなら打ちっぱなしのゴルフ練習場を利用しましょう。
 

レンタルのクラブを利用する

ゴルフをする上で費用がかかる部分に道具の準備があります。ゴルフクラブを一式そろえようとすると、大きな金額が発生するため、ためらう人もいるでしょう。一度ゴルフをやってみて、はまったら続けたいと考えている方は、レンタルのクラブを利用するのがおすすめです。
 
ゴルフ場によって無料で貸し出している場合と有料の場合があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。
 

ゴルフ場はオフシーズンの夏と冬がお得

ゴルフにはオンシーズンとオフシーズンがあり、需要によってプレー料金が変動します。春と秋は過ごしやすい気温であり、ゴルフをプレーする人口が増えるため、料金が高めに設定されている傾向です。
 
一方、夏は暑さが、冬は寒さが厳しいため、プレー人口が減り、料金が安く設定されやすくなります。お得にゴルフを楽しみたい方は、あえてオフシーズンを狙うのもよいでしょう。夏場は脱水症状を起こさないよう、事前にドリンクを十分に用意します。
 
また、冬場は寒さで身体が動かしにくい可能性があるため、防寒対策をきっちり行いましょう。オフシーズンであればお得にゴルフを楽しめるため、ゴルフ未経験者でまずはどのようなものか知りたいという方にもおすすめです。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集