更新日: 2024.06.07 その他

友人の結婚式で「エスカルゴ」が使用されていました。高級食材ですよね?市販だといくらしますか?

友人の結婚式で「エスカルゴ」が使用されていました。高級食材ですよね?市販だといくらしますか?
結婚式など特別な場所に呼ばれた際、フレンチ料理の一つとしてエスカルゴを使った料理が出されることがあります。
 
エスカルゴは一般的に高級食材とされているようですが、日本人にはあまりなじみがない食べ物であるため、値段や料理などが想像しにくい方もいるでしょう。
 
そこで今回は、エスカルゴの金額やエスカルゴに含まれる栄養素、自宅での調理方法などについてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

エスカルゴの金額はいくらくらい?

エスカルゴと一口に言っても、料理を提供する店舗や使用しているグレードによって金額は大きく変動します。
 
今回は、ファミリーレストランやフレンチ専門店など3社の値段を比較してみましょう。全国展開するファミリーレストランを運営するA社では、エスカルゴのオーブン焼きが税込み400円で提供されています。
 
一方、フレンチ・イタリアンレストランのチェーン店を運営するB社では、エスカルゴのオーブン焼きは税込み1188円です。
 
さらに、東京都にあるフレンチレストランでは、エスカルゴを含むココット料理が税込み2400円で提供されていました。
 
もし、エスカルゴを家で調理したい場合は、1000円台からオンライン通販で購入できるようなので、チェックしておきましょう。
 
通販ではすでに調理されているものから缶や袋に入っているむき身まで幅広くあるため、目的に応じて購入できます。
 

エスカルゴは栄養豊富な食材の一つ

エスカルゴは陸の生物ですが、魚介類のうち貝類として分類されています。
 
文部科学省の「食品成分データベース」によると、エスカルゴはカルシウムを100グラムあたり400ミリグラムと多く含まれている食材です。鉄は3.9ミリグラム、亜鉛なら1.5ミリグラムと、ほかの栄養素も多く含んでいます。
 
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会報告書」によると、30~49歳の男性が一日に摂取した方がいいとされているカルシウムの摂取目安量は738ミリグラムです。
 
つまり、理論上は100グラムのエスカルゴを食べると、一日に必要なカルシウム量の半分以上を摂取できます。
 

エスカルゴは自宅でも調理できる?

エスカルゴは一見すると難しい料理ですが、材料さえあれば自宅でも調理は可能です。
 
エスカルゴ料理として有名なエスカルゴのオーブン焼きを再現する場合は、エスカルゴバターも用意しておくと本格的な味が楽しめます。
 
エスカルゴバターをエスカルゴに詰め、オーブンで焼くだけといった手順なので簡単です。
 
エスカルゴのオーブン焼きでは、エスカルゴを一つずつ入れる穴が開いた専用の皿もありますが、ココットやアルミトレー、オーブン対応の皿などでも代用できます。
 
また、エスカルゴはエスカルゴバターを使わないオーブン焼きや、トマト煮など、幅広いレシピに使用できる食材です。シンプルな炒め物にもできるので、まずは自分が食べたいレシピを調べてみるといいでしょう。
 

エスカルゴを市販で購入する場合は1000円程度から購入可能

エスカルゴはファミリーレストランのチェーン店から高級なフレンチ料理店まで、幅広い場所で提供されている食べ物です。提供される価格帯も幅広く、今回比較した3社では400~2400円で提供されていることが分かりました。
 
もしエスカルゴを提供しているレストランなどが近くにない場合は、オンライン通販で1000円台から購入できるようです。
 
また、エスカルゴは貝類に分類され、カルシウムや銅などが多く含まれる栄養豊富な食材とされています。エスカルゴはオーブン焼きやトマト煮などのさまざまなレシピに対応しており、自宅でも簡単に調理可能です。
 
エスカルゴ料理が気になる方は、レストランに食べに行ったり、取り寄せて自分で料理を作ってみたりしてください。
 

出典

文部科学省 食品成分データベース 食品詳細 食品名: 魚介類/<貝類>/エスカルゴ/水煮缶詰 01.一般成分表-無機質-ビタミン類
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」策定検討会 日本人の食事摂取基準(2020年版)「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書(280ページ)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集