更新日: 2024.06.04 その他

陸上部の息子からせがまれた「ナイキ」のランニングシューズが「3万円」を超えていました…。何年ほどもつものなのでしょうか?

陸上部の息子からせがまれた「ナイキ」のランニングシューズが「3万円」を超えていました…。何年ほどもつものなのでしょうか?
子どもの部活の種類によっては、道具の購入や合宿などでさまざまな費用が発生します。例えば陸上部の場合では、ランニングシューズが必要です。よい記録を残せるように優れた性能をもつシューズを購入してあげたいと考える一方で、3万円となると、価格の高さに悩む人もいるでしょう。
 
そこで本記事では、ランニングシューズの寿命を紹介するとともに、かかる費用や寿命を判断するポイントなどもお伝えします。ランニングシューズを安く購入するためのコツも紹介しますので、なるべく費用を抑えたいと考えている方はぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

一般的なランニングシューズの寿命

使い方によって差はありますが、ランニングシューズの寿命はおおよそ500~700kmといわれています。つまり、1ヶ月で約100km走っている人ならば、5~7ヶ月ほどでランニングシューズを買い替えるのがよいでしょう。
 

ランニングシューズにかかる費用

ランニングシューズの寿命から考えると、1ヶ月に約100km走っている人は、およそ半年に1回ランニングシューズを買い替える計算になります。3万円のナイキのシューズを使い続ける場合、1年間で約6万円、3年間で約18万円、6年間で約36万円の費用がかかりますので、決して安い価格ではないといえるでしょう。
 

ランニングシューズの寿命を判断するポイント

走行距離以外でランニングシューズの寿命を判断するポイントは、以下の4つです。


・購入した日から経過した年月
・ソールの剝がれ具合
・アッパーの破れ具合
・インソールの劣化具合

ランニングシューズは、例え未使用であっても年月が経過すれば劣化していくといわれています。そのため製造から2、3年たっているランニングシューズは、劣化している可能性があるでしょう。購入してから期間をあけて使用する際は、履く前に一度ランニングシューズの状態を確認することをおすすめします。
 
また地面に直接触れるアウトソール部分は、使用するほど擦れていきます。地面から足に伝わる衝撃が吸収しきれなくなると、足への負担が大きくなってしまいます。アッパーも長く履き続けていると破れてきてしまうケースが考えられます。
 
インソールの劣化もそのままにしておくと、走るときのフォームバランスに悪影響を及ぼす可能性があります。そのためそれぞれの箇所に劣化がみられる場合は、買い替えを検討しましょう。
 

ランニングシューズを安く買うポイント

次に、ランニングシューズを安く購入するためのポイントを紹介します。
 

クーポンを利用する

ランニングシューズを購入する際は、店舗やブランドが発行しているクーポンを利用する方法があります。ランニングシューズを販売している店舗によっては、期間や季節ごとにお得になるクーポンを配布している場合があります。
 

アウトレット商品を利用する

ランニングシューズの購入費用を抑えたい方は、アウトレット商品の利用を検討しましょう。アウトレットでは、シーズン中に売り切れなかった商品や傷物の商品、サンプル品などが割引価格で販売されています。品質自体には問題がないものも多いため、費用を抑えたい場合はアウトレット商品をチェックしてみましょう。
 

セール期間を狙う

ランニングシューズを安く購入したい方は、セール期間を狙いましょう。シューズのセールは、季節の変わり目や年末年始に行われることが多いです。事前に欲しいランニングシューズのブランドのホームページを確認して、セール時期をチェックしましょう。
 
店舗独自のセールを行っている可能性もあるため、よく利用するお店のセールを確認しておく方法もおすすめです。
 

ランニングシューズの寿命は走行距離による

ランニングシューズの寿命は、一般的に走った距離で決まるといわれています。その他にも購入した日からの経過年数やソウルアッパーインソールの劣化具合などから判断できます。
 
使用頻度が高いほど劣化は早まるといわれているため、購入費用を節約したい方は今回紹介した安く購入するポイントを押さえておきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集