更新日: 2019.05.17 その他

『女性が輝く社会作り』が進められている中で、無料で利用できる公的な支援とは

『女性が輝く社会作り』が進められている中で、無料で利用できる公的な支援とは
2016年から施行されている「女性活躍推進法」をはじめ、『女性が輝く社会づくり』が進められていますが、いまだに結婚や出産、介護などで仕事を辞めざるを得ない女性は少なくありません。
 
いったん仕事を離れると、再び働くことに不安を感じることも多いですし、キャリア面での不安を抱えていることでしょう。今回はそんな女性が活用できる公的な支援についてお伝えします。
 
福島佳奈美

Text:福島佳奈美(ふくしま かなみ)

【保有資格】CFP(R)・1級ファイナンシャルプランニング技能士・DC(確定拠出年金)アドバイザー

大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務。子育て中の2006年にCFP資格を取得、FPとして独立。「ライフプランニング」をツールに教育費や保険、住宅ローンなど家計に関する悩みを解決することが得意です。

子ども連れで仕事を探すならマザーズハローワーク

出産後の再就職の場合、小さな子どもを連れての仕事探しは大変です。そんな場合は、キッズコーナーがあって子ども連れでも相談しやすく、担当者制でじっくり相談できるマザーズハローワークを利用してみては?
 
子育てしながら働きやすい職場の情報や保育園の情報なども得られますし、再就職に役立つ託児付きセミナーなども開催されています。マザーズハローワークは全国21カ所、規模の小さいマザーズコーナーは178カ所のハローワークに設置されています(平成30年7月現在)。
 
参考:マザーズハローワーク・マザーズコーナー 所在地一覧
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

キャリアコンサルタントに無料相談できる! 公的な女性向け就職サポート

再就職は今までのキャリアを活かした方がいいのか、それとも別のことにチャレンジしてもいいのか悩んでいる……そんな方はキャリアコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか?
キャリアプランを立てたり、転職へのアドバイスをもらったり、面接対策を相談したり、と手厚いサポートを受けられます。
 
公的な施設である全国の男女共同参画センターにはキャリアコンサルタント相談を無料で受けられる所もあります。また、東京都の「東京しごとセンター」のように、多くの自治体が就職支援の窓口や施設を設けてキャリアコンサルタント相談や再就職支援セミナー、職業紹介などのサポートを行っています。
 
このような無料のサービスを活用して、再就職やキャリアアップを図ることが可能です。
 
厚生労働省が運営する「仕事と育児カムバック支援サイト」では、全国各地の再就職支援情報や保育情報を、市町村を指定して検索することができます。効率良く情報収集をすることが可能です。
 
参考:仕事と育児カムバック支援サイト
 

自分に合った再就職方法を探していこう

ブランク期間が長く、働くことが不安だったり、全く違う職種にチャレンジするのが不安だったりする場合には、インターンシップ(職場体験)も有効です。
 
参考:横浜市就職サポートセンターの「インターンシッププログラム」
 
また、中高年の方の再就職には、ハローワークや自治体の就職サポートセンターに専門窓口が設置されていることも多くありますので、シニア向けの就職支援を受けることができます。
 
このように、無料で利用できる公的なサポートは数多くありますので、自分に合った窓口を選び、幅広く情報収集をしてみてはいかがでしょうか。
 
Text:福島佳奈美(ふくしま かなみ)
DCアドバイザー

ライターさん募集