公開日: 2020.05.25 暮らし

メルペイの使い方を徹底解説! 初期設定から使用方法について

メルペイは使い方が簡単で、メルカリの売上金をそのまま決済に利用できるとても便利なスマホ決済サービスです。メルカリのアプリをダウンロードして簡単な初期設定をするだけで、誰でもすぐにメルペイでの支払いができるようになります。

この記事ではメルペイの初期設定方法や使い方について詳しく解説していきます。
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

メルペイについて

メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」を提供している株式会社メルカリの子会社が運営しているスマホ決済サービスです。メルペイを使えば、メルカリユーザーはメルカリで得た売上金を出金することなく、そのまま日常の支払いに使うことができます。
 
近年いろいろなスマホ決済サービスが登場していますが、まだまだ使える場所が少なく、「結局コンビニでしかスマホ決済サービスを使わない」という人も多くいます。
 
しかし、メルペイは「iD決済」で全国100万店舗以上という多くのお店で支払いをすることができ、非常に便利なスマホ決済サービスとなっています。メルペイのメリットをまとめると、以下の3点です。
 
・メルカリの売上金を出金せずに使えるので、200円の手数料がかからない
・メルカリの売上金をすぐに決済に使える(出金では、1日から4日かかる)
・使えるお店が全国100万以上ある

 
メルペイを使うと、数百円という少額の売上も無駄なく日常の買い物に使うことができます。
 
メルペイは使えるお店も多く、「まるでクレジットカードを使うように、全国のお店で決済できる」というメリットがあるため、メルカリユーザー以外の人にとっても、メルペイは価値があるスマホ決済サービスであるといえます。

メルペイはどこで使用可能なの?

メルペイが使用できる場所は、他のスマホ決済サービスに比べてとても多いことが特徴です。メルペイに対応していないお店でも「iDで支払います」といえば多くの場所で使えるという点が、メルペイの大きな魅力となっています。
 
また、メルペイで支払いができるネットショップの数も増えており、今後ますます便利に、使いやすくなると考えられます。メルペイの公式ページにも記載されている「メルペイが使えるお店」を一部紹介します。
 


(メルペイ公式HPより筆者が作成)

メルペイの初期設定~支払いできるまでの設定方法

メルペイの初期設定はとても簡単です。まず、フリマアプリ「メルカリ」をスマホにダウンロードしてから、メルカリアプリ内でメルペイの設定を行います。

メルペイの初期設定手順1 メルカリアプリのダウンロードと設定

1.スマホに「メルカリアプリ」をダウンロード
2.アプリを開いて説明を順に読み進み、「さあ、はじめよう」をタップ
3.登録する方法を「Facebook」「Google」「メールアドレス」の中から選ぶ
ここではメールアドレスによる登録方法を紹介します
4.「メールアドレス」「パスワード」「ニックネーム」「性別」を入力し、「次へ」をタップ
5.「氏名」「生年月日」を入力し、「次へ」をタップ
6.携帯番号を入力し、「次へ」をタップ
7.SMS認証の画面が出てくるので「送る」をタップ
8.SMSで認証番号が送られてくるので、その番号をメルカリアプリに表示されている「電話番号認証画面」に入力
9.「認証して完了」をタップし、設定は完了

メルペイの初期設定手順2 メルペイの設定

メルカリアプリのダウンロードと設定が終わった後に、メルペイの設定を開始します。
 
1.メルカリアプリを開き、下部に表示されている「メルペイ」をタップ
2.「次へ」をタップ
3.メルペイの紹介画面が表示されるので「閉じる」をタップ
4.メルペイのホーム画面が表示される
 
これでメルペイの設定は完了です。

支払いの種類

メルペイの支払い方法は3種類あります。メルペイが使えないお店では「iDで」といえば、かなり多くのお店で支払いをすることができます。

メルペイでiD決済をするための初期設定方法

メルカリアプリをダウンロードして「メルペイ」の初期設定をするだけでは、iD決済ができません。
 
メルペイでiD決済をしたい場合は、iD決済のための設定も同時に行う必要があります。メルペイによるiD決済の設定は、iPhoneとAndroidによって異なります。また、使用しているスマホによっては、iD決済に対応していないものもありますので注意が必要です。
 
自分のスマホがiD決済に対応しているかどうかは、メルペイの公式ページで確認できます。

メルペイによるiD決済のための初期設定方法【iPhone】

iPhoneでは、メルペイ上で「電子マネーカード」を作成し、そのカードを「Apple Pay」に登録するという流れになります。対応している機種は日本国内で販売されたiPhone7以上、Apple Watch Series2以上となっており、設定にはiOS10.1以上のバージョンが必要です。
 
1.メルカリアプリ内の「メルペイ」をタップ
2.「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ
3.画面に沿って進むと、「電子マネーカードを作成しました!」という表示が出る
4.「電子マネー情報を追加」をタップ
5.iPhoneのウォレットアプリが起動する
6.メルペイを登録するデバイスをタップ(iPhoneかApple watchかなど)
7.規約に同意して完了

メルペイによるiD決済の初期設定方法【Android】

メルペイのiD決済の初期設定は、Androidの方が簡単です。対応しているのは「Android5.0以降がインストールされている、おサイフケータイ対応のスマホ」となります。
 
格安スマホ専用の低価格機種は、おサイフケータイに対応していない場合がありますので注意しましょう。初期設定の方法は以下の3手順です。
 
1.メルカリアプリ内の「メルペイ」をタップ
2.「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ
3.「設定を始める(無料)」をタップし、表示に従って作業すれば完了
 
これでおサイフケータイの中にメルペイが登録され、iD決済ができるようになります。

チャージの方法

メルペイを使うためには、支払う前にチャージもしくはポイント購入をして、メルペイ残高を増やしておくことが必要になります。それぞれのチャージ方法を詳しくみていきましょう。

ポイントを購入する

メルペイの売上金からポイントを購入します。メルカリの1円=1ポイントなので、売上金額全てをそのままメルカリポイントに移行することができます。ただし、メルペイで本人確認や銀行口座登録が完了している人は、メルカリの売上金が自動的にメルペイ残高に反映されます。

支払い銀行口座を登録してチャージする

メルペイでは、銀行口座から即時引き落としする形でチャージして、メルペイ残高を増やすことができます。スマホ決済アプリに不安があるという人でも、メルペイではクレジットカードを登録せずにチャージができるので安心です。
 
メルペイの支払い銀行口座の手順は以下のようになっており、簡単に設定することができます。
 
1.メルペイ内の「銀行チャージ」をタップ
2.「銀行口座登録」をタップ
3.表示された中から、希望の銀行名をタップ
4.「同意して次へ」をタップ
5.銀行口座登録画面で必要事項を入力
6.銀行サイトに移るので、そこで必要な情報を入力
7.メルカリアプリのパスコード画面で4桁のパスコードを設定して完了

セブン銀行ATMからチャージする

メルペイはセブン銀行に設置されているATMを利用して現金チャージをすることもできます。セブン銀行ATMからのチャージ方法は、以下の通りです。
 
1.メルカリアプリ内の「メルペイ」をタップ
2.「チャージ」をタップ
3.セブン銀行ATMを選択して「チャージ」をタップ
4.記載内容を確認し「QRコード読み取り」をタップ
5.ATMの画面に表示されているQRコードをスマホで読み取る
6.ATM画面で「次へ」をタップ
7.スマホに表示されている企業番号を、ATM画面に入力
8.ATM画面の指示に従い、入金したい金額の現金を投入
9.チャージが完了
 
セブン銀行ATMからのチャージの場合は、最低入金金額は1000円、入金限度額は9万9000円となっています。

メルペイを使用する際の注意点

メルペイは便利なスマホ決済サービスですが、以下のようにいくつか注意点があります。
 
・iD支払いできないスマホの機種もある
・キャンペーンで還元されたポイントは、有効期限が短いものがある

 
メルペイはiD対応で使えるお店が多いことが大きなメリットです。
 
しかし、iPhone7より前の機種は対応しておらず、メルペイによるiD決済ができません。また、Androidでも格安スマホの機種は対応していないものが多くあります。
 
メルペイをできるだけたくさんのお店で使いたい場合は、iD決済で使える機種かどうかをしっかりと確認することが大切です。また、メルペイのポイントは、以下のように有効期限が決められています。
 
・キャンペーン付与のポイントは「60日間」などの有効期限があらかじめ決められている
・メルカリの売上金から購入したポイントの有効期限は365日

 
ただし、本人確認や銀行口座登録が終わっていて、売上金がそのままメルペイ残高に反映されている場合は、有効期限がありません。できるだけ本人確認や銀行口座の登録を終わらせておくと良いでしょう。

気になるキャッシュレス決済との比較

キャッシュレス決済が注目されるようになってから、メルペイ以外にもさまざまなスマホ決済サービスが登場しています。有名なものに「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」がありますので、メルペイと比較してみましょう。
 


 
使える場所が多いのは、メルペイと楽天ペイです。
 
メルペイはiD対応の多くの店舗で決済ができ、楽天ペイはECサイトの楽天市場上の多くのお店で決済をすることができます。ポイント還元率は、利用条件によって異なるものの、0.5%から1.5%の還元があるPayPayが一番お得といえるでしょう。
 
このように他のスマホ決済サービスとメルペイを比較すると、メルペイのメリットは
 
・メルカリの売上金をそのまま決済に使える
・iD決済ができるので、支払いに使えるお店が多い

 
という2点です。
 
メルペイの利用によるポイント還元はないので、できるだけ多くのポイント還元を受けたい人は、PayPayがおすすめです。ただ、メルペイは常時のポイント還元がなくても頻繁にお得なキャンペーンを行っており、それをうまく活用すると多くのポイントをもらうことができます。
 
お得なキャンペーンをこまめにチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

メルペイの使い方はとても簡単で、スマホに慣れていない人でもアプリのダウンロードから初期設定までを短時間でスムーズに行うことができます。
 
メルペイではメルカリの売上金をそのまま日常の支払いに使えること、全国の多くのお店でiD決済ができることから、とても便利なスマホ決済サービスであるといえます。メルペイではお得なキャンペーンも多く開催されていますので、一度メルペイを試してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

メルペイはiD決済できる!? 設定方法や注意点を解説
メルペイのスマート払いとは? メリットから利用までの流れについて解説
メルペイが使えるお店一覧! いつもよく行っているお店の使用可否は?
 



▲PAGETOP