最終更新日: 2020.05.25 公開日: 2020.05.20
暮らし

楽天ペイの使い方を徹底解説! 初期設定から使用方法について

楽天ペイの使い方はとても簡単で設定にも手間がかからないため、スマホ決済サービスの利用が初めての人でもすぐに楽天ペイをスタートすることができます。この記事では、楽天ペイの初期設定から使用方法まで順に詳しく説明していきます。
 
楽天ペイはポイントが貯まりやすい、お得なスマホ決済サービスです。これから楽天ペイを使ってみようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

楽天ペイについて

楽天ペイとは、楽天グループの中の会社「楽天ペイメント」が運営するスマホ決済サービスです。楽天ペイを使うと、スマホひとつで簡単に支払いができることに加え、
 
・さまざまな楽天のサービスで貯めたポイントをそのまま支払いに使える
・実店舗だけではなく5000以上のECサイトでも決済ができるため、ポイントを貯めやすい
・ラクマの売上金をそのまま支払いに使える
・お得なキャンペーンが頻繁に実施されており、それらを活用してたくさんポイントを貯められる

 
といったメリットがあります。日頃から楽天サービスを利用して楽天スーパーポイントを貯めている人はもちろんのこと、楽天を利用していない人にとっても「どんどんポイントを貯められる」お得なスマホ決済サービスとなっています。

楽天ペイはどこも使用可能なの?

楽天ペイは利用できる店舗が多く、現在も拡大中です。楽天ペイが使用できる実店舗は多く、日々拡大中です。その一部を紹介します【表1】。
 
【表1】


(楽天ペイHPより筆者が作成)

楽天ペイが使えるECサイトを紹介

楽天ペイが他のスマホ決済サービスよりも優れている点は、多くのECサイトでの決済にも対応している点です。
 
近年はインターネットを通じて買い物をする人が増えており、ECサイトでの決済で楽天ペイを利用することにより、多くのポイントを貯めることができます。楽天ペイは、5000以上のECサイトで決済ができます。その一部を紹介します【表2】。
 
【表2】


(楽天ペイHPより筆者が作成)

楽天ペイの初期設定~支払いできるまでの設定方法

楽天ペイを利用するには、持っているスマホにアプリをダウンロードし、簡単な初期設定をする必要があります。
 
楽天のIDを持っていない人は、アプリをダウンロード後にまず「楽天会員登録」をします。すでにIDを持っている人は、アプリをダウンロードした後にログインをするので、設定をより短時間で終わらせることができます。
 
初期設定の手順は、以下となっています。
 
1.楽天ペイアプリをダウンロードします
2.ログイン画面から楽天会員の登録を開始します
3.メールアドレスやユーザーID、パスワードなどの基本情報を入力し、楽天会員登録が完了します
4.楽天ペイアプリに楽天IDとパスワードを入力してログイン
5.電話番号を入力し、「SMS送信」をタップします
6.SMSで6桁の番号が送られてくるので、その番号を楽天ペイ画面上に入力して認証を行います
7.お支払い元(支払いに使うクレジットカードもしくは楽天キャッシュを指定)を設定し、登録完了です

 
初期設定にかかる時間は5分ほどなので、移動中などのすき間時間に終わらせることができます。

支払い方法の種類

楽天ペイの支払い方法は
 
・QR払い
・コード払い
・セルフ

 
の3種類となっており、店舗が対応している支払い方法を使って決済を行います。コンビニではコード払い、一般の店舗では手動で金額を入力するQR払いが多くなっていますので、まずはこの2つの支払い方法に慣れるようにしましょう。
 

QR払い
QR払いでは、楽天ペイの画面の「QR読み取り」をタップし、お店に表示されているQRコードを読み込みます。読み込みが完了したら店舗名が表示されますので、手動で支払い金額を入力します。そして、金額を確認して「スライドでお支払い」のバーをスライドさせると、支払いが完了します。

 

コード払い
コード払いは、コンビニなどで採用されている一番簡単な支払い方法です。楽天ペイの最初の画面に表示されているバーコードを提示して読み取ってもらえば、自動的に支払いが完了します。

 

セルフ
楽天ペイの画面で「セルフ」をタップすると、位置情報により、セルフで支払いができる店舗が表示されます。その中から支払いをしたい店舗をタップし、支払い金額を入力します。そして、確認画面で「スライドでお支払い」のバーをスライドさせると、支払いが完了します。

チャージの方法

楽天ペイのチャージ方法は以下の3種類です。
 
・楽天カードからチャージ
・楽天銀行からチャージ
・ラクマの売上金からのチャージ

 
楽天ペイでは、楽天カードや楽天銀行の登録で、より便利にお得に利用できる仕組みとなっています。楽天カードや楽天銀行では
 
・楽天カードの新規入会&1回利用で5000円相当のポイントプレゼント
・楽天カードの利用代金を楽天銀行で引き落とすとポイントが+1倍
・楽天銀行の新規口座開設で最大2ヶ月ずっとポイントが+4倍
・楽天銀行デビットカード新規入会プラス利用で1000円プレゼント

 
というように、とてもお得な新規入会、新規口座開設キャンペーンが常時実施されています。
 
楽天ペイでは、楽天カードや楽天銀行と組み合わせることで利便性が格段にアップします。新しく楽天カードや楽天銀行の口座をつくると多くのポイントをもらうことができ、それを楽天ペイの支払いに使えるのでとてもお得な方法といえます。
 
それでは、それぞれのチャージ方法の手順を詳しくみていきましょう。
 

楽天カード
楽天カードからチャージする手順は簡単で、以下のようになっています。
 
1.ホーム画面の「お支払い元表示エリア」をタップします
2.表示されている中から楽天カードを選び「設定する」をタップ
3.ホーム画面に戻り、「チャージ」をタップ
4.チャージしたい金額を入力したあと「完了」をタップ
5.金額を確認し、最後に「チャージする」をタップすると完了

 

楽天銀行
楽天銀行からチャージを行うには、まず楽天銀行口座の登録を済ませておく必要があります。登録作業をしてすぐにチャージができるわけではなく、情報が反映されるまで2、3日かかります。
 
できれば初期設定をしたときに、楽天銀行口座の登録もすませておくと良いでしょう。楽天銀行の口座を持っていない人は、この機会に口座を作ることをおすすめします。楽天銀行からのチャージは以下の手順となっています。
 
1.楽天ペイのホーム画面の「チャージ」をタップ
2.「チャージ方法」をタップ
3.「チャージ方法変更画面」で、楽天銀行を選んで「設定する」をタップ
4.チャージしたい金額を入力し、「完了」をタップ
5.金額を確認し「チャージ」をタップして完了

 

ラクマ
楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」の売上金を、楽天ペイにチャージすることができます。まず、ラクマと楽天IDを連携させてから、チャージの手続きを行います。
 
1.ラクマアプリのホーム画面左上のメニューボタン「設定」から「楽天IDの連携」をタップ
2.ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップし、連携が完了します。
 
楽天ペイとラクマの連携には最大2日間ほどかかる場合があり、その間はチャージすることができませんので注意しましょう。ラクマから楽天ペイのチャージの手順は、以下のようになっています。
 
1.ラクマの「マイページ」タブから「売上・ポイント管理」をタップ
2.「売上金を楽天キャッシュにチャージ」をタップ
3.チャージする金額を入力し、「チャージする」をタップ
4.指定した金額が楽天キャッシュにチャージされ、楽天ペイ上に反映されます
 
ラクマからのチャージ上限額は1日10万円、月間100万円となっています。月間100万円以上のチャージ希望の場合は、楽天キャッシュの上限枠引き上げ申請が必要です。

楽天ペイを使用する際の注意点

楽天ペイは使いやすく便利なスマホ決済サービスですが、いくつか注意することがありますので紹介します。

楽天ペイの注意点1 電波が届かないところでは使えない

楽天ペイの決済では、少しではありますが通信料が発生します。
 
つまり、電波が通らず通信ができない場所では使うことができません。例えば、地下などの電波が通りにくい場所にある店舗の場合は、楽天ペイで支払いができないということもあり得ますので、お財布も一緒に携帯しておくほうが安心です。

楽天ペイの注意点2 支払い上限額がある

楽天ペイは、使えば使うほどポイントが貯まるお得なスマホ決済サービスではありますが、以下のように支払い上限額が設定されていますので高額な決済ができないこともあります。
 
・楽天ペイの支払元がクレジットカードの場合、1回あたりの利用上限額は50万円(ただし、カードの利用可能枠の範囲で)
・楽天ポイントや楽天キャッシュの利用上限は、1回あたり3万ポイント
(ただし、楽天IDの会員ランクや楽天ペイの利用状況によって異なることもある)

楽天ペイの注意点3 対応していないクレジットカードがある

楽天ペイはポストペイ方式(後払い方式)なので、楽天ペイの支払元としていろいろなクレジットカードを登録できます。ただし、登録できるのは
 
・楽天カード(すべてのブランドが可)
・その他のクレジットカード(VisaもしくはMasterCardのみ)

 
となっており、楽天カード以外ではブランドに制限があります。JCBやAmerican Expressのカードは登録できませんので注意が必要です。楽天ペイにチャージができるのは、楽天カードだけなので、より便利に楽天ペイを使いたい場合は、楽天カードを登録すると良いでしょう。

気になる他のキャッシュレス決済との比較

楽天ペイとメルペイ、LINE Payの機能を比較すると、【表3】のようになっています。
 
【表3】


(楽天ペイ・メルペイ・LINE Pay 各HPより筆者が作成)
 
楽天ペイでは「楽天Edy」との連携が開始されたため、おさいふケータイ対応機種では電子マネー「楽天Edy」の決済ができます。
 
ただし、楽天EdyとメルペイのiDを比べると、iDに対応している店舗の方が多いことから「できるだけ多くの店舗でスマホ決済をしたい」という人は、メルペイの方が便利で利便性が高いということができます。

まとめ

楽天ペイはアプリをスマホに入れるだけで設定も簡単です。支払いも複雑な操作が必要ないので、誰でも慣れればストレスなく、簡単に使うことができます。現金やクレジットカードの支払いを楽天ペイに置き換えるだけで、たくさんポイントが貯まり、よりお得に毎日の生活を送ることができます。
 
ぜひこの機会に楽天ペイを利用してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

PayPay(ペイペイ)と楽天ペイ、何が違うの?それぞれの特徴をチェックしよう
最近よく聞く「◯◯ペイ」自分に合うのはどれ?5つのペイの特徴を知ろう
スマホ決済、たくさんあるけど何が違うの? 主要サービスをおさらい!
 



▲PAGETOP