最終更新日: 2020.05.15 公開日: 2020.05.18
暮らし

母の日と父の日、今年のプレゼント予算や実態は?そもそも贈らないという選択も

去る5月10日は母の日でした。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で外出自粛が続き、今年は会わずに電話で済ませたりプレゼントを宅配で贈ったりした人も多いのではないでしょうか。
 
来月は父の日がありますが、母の日と父の日でプレゼントにはどのような違いがあるのでしょうか。エン・ジャパン株式会社が発表した、「母の日・父の日のプレゼント調査2020」の結果(※)を見てみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

母の日・父の日、プレゼントを贈らない勢が増えている?

この調査は、3月26日〜4月22日に行われたもの。さっそく中身をチェックしてみます。
 
【今年の母の日・父の日にプレゼントを贈る予定はありますか?】
<2020年>
1位:両方贈る予定あり    45%
2位:どちらも贈る予定なし  27%
3位:母の日のみ贈る予定あり 26%
4位:父の日のみ贈る予定あり  2%
 
<2019年>
1位:両方贈る予定あり    54%
2位:どちらも贈る予定なし  23%
3位:母の日のみ贈る予定あり 21%
4位:父の日のみ贈る予定あり  2%
 
ランキングはこのような結果に。前年と比べて見ると、「両方贈る予定あり」という人が10ポイント近く減っており、代わりに「母の日のみ贈る」「どちらも贈る予定なし」が増えていることがわかります。
 
「今年はお父さんには贈らなくていいよね」「むしろどっちにも贈らなくていいよね」という流れになっているのでしょうか。それも少し寂しい気もしますね。

母の日・父の日でプレゼントの予算に違いはある?

贈る側も、もらう側も、どちらも気になってしまうのが、プレゼントの予算です。母の日・父の日で違いはあるのでしょうか?
 
【プレゼントにかける予算を教えてください。】
<母の日>
1位:5000円以上1万円未満  40%
2位:3000円以上5000円未満 26%
3位:1万円以上       20%
4位:2000円以上3000円未満  8%
5位:2000円未満       6%
 
<父の日>
1位:5000円以上1万円未満  37%
2位:3000円以上5000円未満 27%
3位:1万円以上       19%
4位:2000円以上3000円未満  9%
5位:2000円未満       8%
 
母の日・父の日で順位に変化はありませんでしたが、やや父の日のほうが安価という印象があります。ボリュームゾーンは3000円以上1万円未満。一方で、5人に1人は1万円以上かけているということもわかります。

高価なプレゼントより、感謝の気持ちがあればいいのかも

母の日・父の日ともに、贈る側ともらう側でプレゼントの想定はどのようになっているのでしょうか。
 
【今年の母の日に贈るプレゼントを教えてください。】
1位:カーネーションなどの花    44%
2位:その他            21%
3位:スカーフ・パジャマなどの衣類 18%
4位:リクエストに応じたもの    17%
5位:「ありがとう」と直接伝える  14%
 
【今年の父の日に贈るプレゼントを教えてください。】
1位:お酒            31%
2位:靴下・パジャマなどの衣類  29%
3位:その他           23%
4位:「ありがとう」と直接伝える  14%
5位:リクエストに応じたもの   13%
 
母の日の1位はお花、父の日の1位はお酒という結果に。そのほか、両日ともに衣類やリクエストに応じたものという人も多いようです。毎年プレゼント選びに悩むくらいであれば、リクエストを聞いたほうが早いのかもしれませんね。
 
では、もらう側の希望を見てみましょう。
 
【母の日にご自身が欲しいプレゼントは何ですか?】
1位:「ありがとう」の言葉   49%
2位:一緒に過ごす時間    25%
3位:カーネーションなどの花 23%
3位:手紙          23%
5位:レストランなどでの食事 22%
 
【父の日にご自身が欲しいプレゼントは何ですか?】
1位:「ありがとう」の言葉   43%
2位:一緒に過ごす時間    27%
3位:お酒          17%
4位:手紙          16%
5位:レストランなどでの食事 14%
 
なんと、どちらも順位は同じという結果に。それぞれ3位に、贈りたいもの1位の品物がランクインしています。贈る側はなにか形になるものを贈ろうと思っているものの、もらう側としては「一緒に過ごして感謝の言葉をもらえればそれでいい」と思っていることがわかります。
 
来月の父の日、まだ安心して外出できる状況ではないかもしれませんが、その場合はテレビ電話などで元気な姿を見せつつ、感謝の気持ちを伝えると喜ばれるかもしれませんね。
 
出典 ※エン・ジャパン株式会社「母の日・父の日のプレゼント調査2020」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

【悲劇】母の日と比べて父の日は何もしない人が多いワケ
母の日に対する嫁姑の意外な本音
母の日ギフトをうっかり忘れていた!いつまでなら遅れて贈っても大丈夫?
 



▲PAGETOP