最終更新日: 2019.06.13 公開日: 2019.05.17
暮らし

YouTubeを見て物を買う女子大生が増えている!?購買行動とお金事情

最近の女子大生は皆、おしゃれでメイクも上手。国内の人気スポットで食事をしたり、海外旅行に行ったりと、思い思いに楽しんでいるように見えます。そのために必要となるのはお金。
 
いったい何にお金を使っているのか、どのくらい貯金があるのかなど、女子大生のお金事情に迫ります。
 
日本最大級を誇る女子大生マーケティング会社、株式会社KIRINZ(本社:東京都港区)は、都内46大学の女子大生500名を対象に「お金と購買行動」に関するアンケート調査を実施しました。※
 
それではアンケート結果をみてみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

一番お金をかけているのは洋服や美容。今までで一番お金を使ったのは旅行

この調査によると、「月々何に一番お金を使いますか?」という問いに対し、1位は「服・美容」37.4%となりました。4割近くの女子大生が洋服やバッグ、化粧品、エステなどのおしゃれに一番お金をかけて、容姿を磨いているようですね。
 
2位には「食費」が20.4%。大学生ともなると友人との外食やカフェでお茶するなどの付き合いが多いので、食事代もばかになりません。次いで「交通費」15.2%と、移動のための電車代に意外とお金がかかっているようです。
 
そして「貯金に一番お金を使う」という人が3.2%いました。若いうちから貯金を第一にする女子大生もいるんですね。
 
「今まで一番お金を使った物は何ですか?」という質問には「旅行」が28.2%と1位でした。休みが長い大学時代は長期の旅行に行けるチャンス。
 
しかもハイシーズンを避けて安い時期に行けるというメリットもあります。お金はかかるものの海外旅行や国内旅行は大学生のうちに行っておこうということでしょう。次いで「洋服」13.8%「美容」8.8%「脱毛」6.2%となり、容姿を磨くのにはお金を惜しまないことがわかります。
 
また、車などの免許や留学など、資格取得や自分磨きにお金を使っている女子大生も1割近くおり、就職など将来のために備えているしっかり者もいるようです。
 

約3割がYouTubeを見てコスメや洋服を購入!半数がお小遣い制

また、情報の入手方法も時代とともに変わるもの。本調査では「YouTubeを見て物を購入したことがありますか?」という質問に対し27%が「ある」と回答しました。
 
「YouTubeを見て購入した物は何ですか?」という質問には約5割の女子大生が「コスメ」と回答。「食べ物」「服」がそれに続きます。
 
タレントより自分たちに近いYouTuberのメイクテクニックの動画や洋服の着こなしを参考にして購入している人が多いようです。雑誌を参考に洋服や化粧品を買っていた親世代とは隔世の感があります。
 
では今どきの女子大生はどのくらい貯金をしているのでしょうか。「貯金額はいくらですか?」という質問で、最も多い回答が「していない」38.4%でした。次いで「10万円以上」が18.2%、「50万円以上」が9.6%と続きます。
 
100万円以上貯金がある人も1.4%で、最高はなんと450万円!意外とちゃんと貯蓄している女子大生が多いという印象ですが、お金の出どころは何なのでしょうか。
 
「お小遣いを月にいくらもらっていますか?」という質問には「もらっていない」が約5割で1位でした。女子大生の半分はアルバイトで稼いでいると思われます。
 
ということは、半数がお小遣いをもらっているということになります。もらっている金額は「3万円」、「5万円」が多く、なんと「10万円以上」もらっている女子大生も約1割いることがわかりました。
 

ネットショッピングは当たり前。投資をしている女子大生も

次に、「ネットショッピングを普段利用しますか?」という質問に対し、利用しないは17.4%に過ぎず、「毎月利用する」が最も多い27%ということがわかりました。
 
「2ヶ月に1度利用する」が18.4%、「3ヶ月に1度利用する」が15.6%と3ヶ月に1回以上利用するのが61%と過半数を占めました。女子大生の間ではネットショッピングが当たり前なんですね。
 
ネットショッピングをするということは決済のためにクレジットカードを持っている女子大生も多いのではないかと予想されます。調査によると58%がクレジットカードを所有しているとのこと。
 
ネットショッピングを普段利用する女子大生が8割以上だったので、全員がクレジットカードを持っているわけではないようです。持っていない場合はカード決済以外のコンビニ決済などを使っているか、親のカードで決済していることもあるのではないでしょうか。
 
計画的にカードを使うのも勉強のうち。使い過ぎに注意するよう、親も注意しておいたほうがいいでしょう。
 
「投資をしたことがありますか?」という質問には7%の女子大生が「ある」と回答。「仮想通貨」「暗号通貨」に投資したことのある人もいるようです。銀行に預けてもお金が増えない今、若いころから投資を行いお金の運用法を学ぶのは大切なことではないでしょうか。
 
※「Z 世代におけるお金と購買行動に関する調査」− 現役女子大生の「お金と購買行動」に関する調査をKIRINZが発表 −
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 



▲PAGETOP