最終更新日: 2019.01.11 公開日: 2018.11.29
暮らし

最寄り駅の人気・不人気で住む場所を選ぶ(6.宇都宮線・高崎線方面)

新たな場所にマイホームを購入して住むなら、人気のある街に住みたいものです。不動産投資をする場合でも同様です。どの街が人気なのかを判断するポイントはいろいろありますが、ここでは駅の乗車人員に着目してみました。
 
乗車人員の増減から資産価値のありそうな街、これから値崩れしそうな街等をいろいろ想像してみました。
 
松浦建二

Text:

Text:松浦建二(まつうら けんじ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
1990年青山学院大学卒。大手住宅メーカーから外資系生命保険会社に転職し、個人の生命保険を活用したリスク対策や資産形成、相続対策、法人の税対策、事業保障対策等のコンサルティング営業を経験。2002年からファイナンシャルプランナーとして主に個人のライフプラン、生命保険設計、住宅購入総合サポート等の相談業務を行っている他、FPに関する講演や執筆等も行っている。青山学院大学非常勤講師。
http://www.ifp.cc/

詳細はこちら
松浦建二

執筆者:

Text:松浦建二(まつうら けんじ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
1990年青山学院大学卒。大手住宅メーカーから外資系生命保険会社に転職し、個人の生命保険を活用したリスク対策や資産形成、相続対策、法人の税対策、事業保障対策等のコンサルティング営業を経験。2002年からファイナンシャルプランナーとして主に個人のライフプラン、生命保険設計、住宅購入総合サポート等の相談業務を行っている他、FPに関する講演や執筆等も行っている。青山学院大学非常勤講師。
http://www.ifp.cc/

詳細はこちら

人気のさいたま新都心、狙い目は上中里や尾久!?

シリーズ6回目は「宇都宮線・高崎線方面」の各駅を取り上げます。過去には「1.山手線」や「2.中央線方面」、「3.東海道線方面」、「4.総武線方面」、「5.常磐線方面」も取り上げています。
 
下記の表は、JR東日本のホームページから駅別の1日平均乗車人員を調べ、路線ごとにまとめたものです。
 
左端の順位は2017年の駅別乗車人員の順位です。乗車人員にどのような変化があったのか確認するため、直近の2017年だけでなく、5年前の2012年と17年前の2000年も載せてあります。なお、ホームページに記載のない駅(無人駅等)やJR東日本以外の駅は調査していません。路線の呼称や表の記載順は正式なものとは異なるかもしれませんが、あまり気にしないでください。
 
※JR東日本の場合、乗車人員は乗車の人員のみで、降車の人員等は含まれていません。
 

 
表には、京浜東北線(田端駅~大宮駅)、埼京線(池袋駅~北与野駅)、宇都宮線(尾久駅と土呂駅~黒磯駅)、日光線(鶴田駅~日光駅)、高崎線(宮原駅~渋川駅)、上越新幹線の本庄早稲田駅、両毛線(前橋駅~栃木駅)、の計94駅を載せてあります。場所はおおよそ東京北部と埼玉県・栃木県・群馬県を中心とした都心の北方面です。
 
都心と大宮を結ぶ京浜東北線と埼京線の各駅および尾久駅では、2012年と比べると26駅(山手線の田端駅と池袋駅を除く)の全てで乗車人員が増えています。特にさいたま新都心駅(31.8%増)、北与野駅(23.7%増)、尾久駅(22.5%増)が目立って増えています。2000年と比べても、上中里駅を除く25駅で増えています。
 
比較的新しいさいたま新都心駅と埼京線の各駅の増加率が高いです。上中里駅は17年間で10.1%減っていますが、直近の5年間で見れば10.5%増えており、乗車人員はかなり戻してきています。利便性の良さが再認識されているのかもしれません。
 
大宮駅より先の宇都宮線と日光線では、2000年と比べて乗車人員が大きく増えているのは土呂駅(50.8%増)と新白岡駅(51.4%増)、大きく減っているのは野木駅(24.4%減)、黒磯駅(22.8%減)、今市駅(26.3%減)等です。大宮駅や宇都宮駅等の主要駅とその隣接駅では乗車人員が増えていますが、大都市と大都市の間の駅では減っている駅が多いです。
 
高崎線でも宇都宮線と同じような傾向にあります。宮原駅(30.8%増)と北上尾駅(48.8%増)の増加率が大きく、井野駅(32.1%減)の減少率が大きいです。
 
ただ、乗車人員が減っている駅でも、減り方は他の沿線よりも比較的小さいです。両毛線の各駅も2012年と比べるとほとんどの駅で増加しており、減っている足利駅と栃木駅も減少率は1%程度です。両毛線は定期利用者の割合が高く、通勤通学の足として昔も今も大事な存在なのでしょう。
 
今回取り上げた地域では、都心への通勤通学者が多い駅もあれば、独立した経済圏で地域内移動のために使う人が多い駅もあります。生活スタイルの違いによってマイホームの選び方は当然異なります。
 
また、地域内でも人気のある駅と人気のない駅があるはずです。その傾向は居住人口の増減や駅の乗車人員の推移を確認するだけでもかなりわかります。気になった駅があれば、ひと通り調べた後は現地へ行って自分自身の目で確かめてきましょう!
 
Text:松浦 建二(まつうら けんじ)
CFP(R)認定者



▲PAGETOP