最終更新日: 2019.01.10 公開日: 2018.10.12
暮らし

友達が「賃貸で住み続けるなら家を購入した方が絶対お得だよ~」 これって本当なの?

執筆者 : 中西雅也

賃貸に住み続けてずっと家賃を払い続けるなら、月々の家賃と同じ金額で家を購入した方がいいのではないか?

そんな『賃貸vs持ち家』論争があります。『家賃と変わらない返済額で家を持てます!』なんて広告も目にすることがありますが、それで本当に大丈夫なのでしょうか。

今回は『賃貸vs持ち家論争』について考えます。
 
中西雅也

Text:

Text:中西雅也(なかにし まさや)

酒井FP綜合事務所/お金工房わなび所属

2級FP技能士、AFP(日本FP協会認定)
「お金のことをもっと身近に感じてほしい!」をモットーに、“手帳”を使った人生設計の方法や、知っててよかったお金の話セミナーをはじめ、年間50回以上の講演を行う。

専門用語を使わないわかりやすい説明を心がけている。
http://www.fp-sakai.com

中西雅也

執筆者:

Text:中西雅也(なかにし まさや)

酒井FP綜合事務所/お金工房わなび所属

2級FP技能士、AFP(日本FP協会認定)
「お金のことをもっと身近に感じてほしい!」をモットーに、“手帳”を使った人生設計の方法や、知っててよかったお金の話セミナーをはじめ、年間50回以上の講演を行う。

専門用語を使わないわかりやすい説明を心がけている。
http://www.fp-sakai.com

家を借りて住む

賃貸の場合に、どのようなメリット・デメリットがあるかを考えます。
 
賃貸は住む場所を自由に選び、毎月決まった金額を支払うことで家に住むことができます。ただし、所有しているわけではないので、以下のような特徴があります。
 
【賃貸のメリット】
・ライフスタイルに応じて住む場所を自由に変えることができる
・収入の変化に応じて、住む家を変えることができる
・ローンを組む必要がない
 
【賃貸のデメリット】
・どれだけ長い期間住んでいても家を所有することができない
・税制面での優遇がない
 
賃貸のメリットはなんといっても『自由』であることです。毎月の支払い金額を自分の収入に応じて設定できる点や、結婚や転勤などのライフステージの変化にも、臨機応変に対応できる点で優れています。
 
そして、家賃を支払うことは単なる“月々の費用”ですので、ローンのような “お金に縛られない”ことも評価できます。
 
ただし、所有物ではないので賃料負担は生涯続きます。年齢が若いときには相応の収入を得ることができますが、老後でも家賃を支払い続けることになると支出の負担になる可能性があります。
 
実際に、2017年総務省の家計調査(65歳以上世帯)では94%以上の世帯は持ち家に住んでいるので、住宅に関する支出が少なく済んでいます。
 

家を買って住む

持ち家のメリットとデメリットはどうでしょうか。
 
充分な頭金を準備せずに、『家賃と変わらない金額を払えば家に住めるからいいね』と考える人もいるようですが、多額の資金が必要ですので、資金計画については十分な検討が必要です。
 
「まだ頭金は貯まっていないけれど、モデルルームを見に行ったら欲しくなって買ってしまった」なんてことのないように、綿密な計画を立てたうえで慎重に行動したいですね。
 
【メリット】
・住宅ローンの返済が終われば、その後の費用を抑えることができる
・自分の資産として貸したり、売却したりすることができる
・税制面での優遇がある
・資産価値の高い住宅を購入すれば、売却益が見込める
 
【デメリット】
・住む場所を簡単に変えることができなくなる
・住宅ローンを返済するまで収入を安定させ続ける必要がある
・長い年月のローンを組むことによる税金などの支出が増える
・現金に換えるまでに時間がかかることがある
・維持コストがかかる
 
持ち家のメリットは『自分の持ちものである』ことです。ローンの返済を終えてしまえば、他人に貸し出すことができますし、必要がなければ売りに出すこともできます。そのため、不動産を投資商品として購入する人もいます。頭金を準備して住宅ローンを組み、余計な金利がないようにしましょう!
 
持ち家のデメリットですが、家を購入したあとは簡単に済む場所を変更できない点や、相続などですぐにお金が必要なときでも現金に換えるまで時間がかかる点などが挙げられます。 また、住宅ローンによる精神的な束縛も意識する必要があります。このようなデメリットを解消するためには、
 
・頭金を充分に用意しておき、できるだけ住宅ローンに頼らずに家を購入すること。
・もしものときに備えてすぐに現金を用意できる環境を整えておくこと(預貯金や保険がおススメです)を考えておきましょう。
 

結論

わたしは賃貸派です。※24歳だという前提
 
家を買うなら“安定した収入があること”や“どうして家を買うと決めたのか”が大切です。
 
・24歳のわたしは経済的な面で“できるだけ借金をしたくない”と思っていて、また、今現在住む場所を固定する理由がないので賃貸が良いです。
・将来的に、家族が安心して住むことができる場所を作りたいので、自分の価値観を重視して家を購入したいです。
 
このように、個々人の状況や価値観によって、賃貸と持ち家どちらを選んだほうがよいのかは変わってきます。
 
これから家を購入しようと考えている方は『家を買うための資金を計画的に準備すること』が大切です。この記事を読んだみなさんが、自分が大切にしている暮らしを実現できますように。
 
Text:中西 雅也 (なかにし まさや)
酒井FP綜合事務所/お金工房わなび所属