最終更新日: 2019.01.07 公開日: 2018.07.30
暮らし

【おもてなし】外国人観光客に人気のスポットは私たちの生活の一部だった

『日本は綺麗で安全』 
 
多くの外国人が日本に感じている印象ではないでしょうか? 
 
2020年に向けて多くの外国人観光客が日本を訪れるでしょう。
 
しかし、僕たちは外国人観光客が本当に喜ぶ、行きたい場所に『おもてなし』できるのでしょうか?
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

外国人の友だちをどこに案内すれば喜んでくれる?

近ごろ、街に外国人の観光客が増えてきたような気がしませんか。
 
しかも、観光地だけでなく、今までめったに外国人を見る事がなかった生活区域でも、外国からの観光客を見かけることもあります。
 
人口減少の日本にとって、外国からの観光客が経済に与える影響は大きく、政府もこれからもっと外国からのお客さんを日本に呼びたいとしていますし、私たちも、もっと「おもてなし」に慣れていった方がいいですよね。
 
もし自分の家に外国人の友だちが遊びに来たらどこに連れて行くと彼らは喜んでくれるのでしょう。
すばらしい製品が集まる家電量販店でしょうか? 日本人にも人気のコスパのいいアウトレットモール? 格式高い雰囲気を味わえるデパートでしょうか?
 

\【PR】自転車保険の義務化にも対応!/

「保険+電力」で家族を守る新電力って?

実は私たちが日常よく行く場所が人気!

観光庁の「平成29年訪日外国人消費動向調査」をみると、訪日外国人が利用した人気買い物スポットが掲載されています。その順位を見てみましょう。
 
1位 コンビニエンスストア
2位 空港の免税店
3位 ドラッグストア
4位 百貨店・デパート
5位 スーパー
6位 観光地の土産店
7位 家電量販店
8位 100円ショップ
9位 アウトレット
10位 ファツション・雑貨
 
何とコンビニやドラッグストアが人気なのですね。
 
私たち日本人にとっては、生活になじみ過ぎていて、これが観光スポットになるとは考えづらいですが、それこそが「the 日本」という感じなのでしょうか?
 
同調査で注目なのは「100円ショップ」。
2015年時点では10位だったのが2017年は8位とじわじわとニーズが高まっているようです。
 

100円ショップで外国人観光客は何を選んでいるの?

では訪日外国人観光客は100円ショップで何を買っているのでしょう? 訪日外国人のためのワンストップ観光情報を発信している「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO(以下、LIVE JAPAN編集部)」が7月に報道発表した内容を見てみましょう。
 
LIVE JAPAN編集部では、訪日外国人が多く集まる原宿の100円ショップで実際にどのようなものが売れているのかを調査したそうです。(DAISO原宿店調べ:2018年4月時点)
 
第1位 薬用美白エッセンス
やはり日本の化粧品は信頼されていると言えるのかもしれません。
 
第2位 圧縮袋
旅行時に荷物をコンパクトにまとめたいときや家の収納などにも便利なオールマイティーな商品ですよね。
 
第3位 パフ・スポンジ専用洗剤
やはり1位と同様、こういう化粧品回りのものが人気なのでしょうか
 
第4位 寿司の消しゴム
日本といえば「sushi」というイメージがもたれていますが、消しゴムだと安いしちょうどよいお土産なのでしょうか。
 
第5位 のり天わさびしょうゆ味
「のり」も「わさび」も「しょうゆ」も日本料理には欠かせないものですよね。日本食人気はこんなところにも出ているのでしょうか。
 
日本人でさえ驚くようなものが100円ショップに売られているのですね。「安い」というイメージの100円ショップですが、まさか観光スポットになっているなんて驚きです。
 

\【PR】自転車保険の義務化にも対応!/

「保険+電力」で家族を守る新電力って?

お国柄が出る「買って満足したもの」

「平成29年訪日外国人消費動向調査」では「今回の日本滞在中に購入した商品やサービスのうち、最も満足したもの」について来日外国人観光客に質問しています。
 
その結果は、国ごとに微妙に違っているようです。
たとえば韓国から来た人は「菓子類」(19.1%)、台湾の人は「医薬品・健康グッズ・トイレタリー」(22.0%)、香港と米国の人は「服・かばん・靴」(それぞれ 32.8%、18.0%)、中国の人は「化粧品・香水」(29.6%)の割合が高いようです。
 
残念ながら、同調査では「コンビニで買ったかどうか」まではわかりませんが、何となく第1位の薬用美白エッセンスというのがわかる気がしますね!
 
これらを予備知識として、知り合いの外国人が日本を訪れる際、どこを案内すればよいのか迷ったときには、このような場所を案内すれば、そんなに「はずれ」がないのでは?
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)
日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。