最終更新日: 2019.01.09 公開日: 2018.07.24
暮らし

土地を買う前に地盤が丈夫かどうか調べたい!購入前にある程度推測できる方法を知ってますか?

執筆者 : 川添典子

近ごろ、地震などによる災害がとても多いです。人口が増えて、もともと住宅地ではなかったところもどんどん開発されて高層マンションや綺麗な分譲地などに姿を変えていきました。

そんな街も発展し、便利になった反面、心配なこともあります。それは地盤が強いか、あるいは弱いかです。

どんなにしっかりした建物を建てても、それを支える地盤が弱ければ、建物も傾いたり倒れたりしてしまいます。

これから新しく土地を購入しようと思ったとき、事前に地盤が強いかどうか調べられないと、とても不安ですよね。

今回は、事前にある程度地盤の強さを確認する方法をご紹介していきます。
 
 
川添典子

Text:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

川添典子

執筆者:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

事前に地盤が強いかどうか確認したい!それを知る方法は?

地盤が弱いと家を建てられないので、地盤改良の工事が必要です。
 
ですが、あまりにも地盤が弱いと、この工事に100万円以上の金額がかさんでしまいます。自分たちの住む家にお金をかけるのは良いですが、できることなら地盤改良にお金をかけたくないですよね?
 
そうなるのを避けるために、事前に候補地の地盤の強さを知っておくことが大切です。
 
(1)国土交通省のホームページからハザードマップを見る
国土交通省のホームページで「ハザードマップ」を確認できます。自分の住みたいエリアを検索して、安全かどうかまず確認してみましょう。使い方などのマニュアルもあるので、ご自身でも気軽に調べられます。
 
(2)その土地の謄本で昔の用途を調べる
購入しようとしている土地の謄本をとることで、以前の地名や、田んぼや畑など昔の用途まで調べることができます。もし用途が田んぼや畑だったら、地盤が弱い可能性があるので、建物を建てるには地盤改良工事の必要性が高くなります。
 
自分で役所に行って謄本をとることもできますが、依頼している不動産屋さんや建築会社に頼めば調べてくれます。
 
(3)近隣の地盤データを手に入れる
さらに具体的なデータが欲しい、という方は測量屋さんが実際に行った地盤調査のデータをもらうこともできます。検討している土地の近隣で、今まで建築工事をした際に地盤調査をしたデータが残っています。そのデータをもとにある程度、予測することができます。
 
こちらも建築会社に相談すると、データをとってくれるはずですので、心配でしたら依頼してみることをおすすめします。
 
(4)地名にも注意しよう
地名にも実はヒントがあります。区や市の名前に「さんずい」や「川」など「水」に関係する名前が入っているエリアは、地盤が弱い恐れがあります。自分が検討しているエリアの地名に「水」に関係する名前がないかどうか、もう一度確認してみましょう。
 

\【PR】自転車保険の義務化にも対応!/

「保険+電力」で家族を守る新電力って?

\【PR】自転車保険の義務化にも対応!/

「保険+電力」で家族を守る新電力って?

自費で専門業者に調査を依頼する方法も

近隣のデータや地名などから、予測することは可能ですが、必ずしも地盤改良の工事が必要ないと確証はできるものではありませんので注意してください。
 
そこで、自費で専門業者に地盤調査を依頼するという方法があります。家を建てる前に専門業者に依頼すると10万円~20万円程度の費用がかかります。
 
さらに、もし地盤が弱いことがわかり、地盤改良の工事をすることになってしまうと100万円前後の費用が出て行く恐れもあります。
 
事前に地盤の強さを確認する方法をご紹介していきましたが、いかがでしたか?これからさらに大きな地震が来るかもしれないという予測もあります。
 
そのとき建物の強さも大切ですが、地盤が強いかどうかでも被害の大きさは変わってきます。
 
少しでも被害を抑えるためにも、また余計な費用をかけないためにも、このように住むエリアや土地について入念に調べておくことが大切なのです。
 
これから引っ越しされる方や新しく家を建てようという方は、ぜひ参考にしていただければと思います。調べる方法はこのようにいくつかあるので、遠慮せず不動産屋さんや建築会社に相談してみましょう。
 
Text:川添典子(かわぞえ のりこ)
ファイナンシャルプランナー2級,住宅ローンアドバイザー