最終更新日: 2019.01.10 公開日: 2018.07.24
暮らし

【満足のいく家の選び方】当たり前ですが、住宅は人生最大の買い物、時間の許す限り多くの物件を見よう!

執筆者 : 浦上登

住宅は人生で最も大きな買い物と言われています。

それに加え、チェックポイントの多い買い物でもあります。チェックポイントのうち、どれを優先するかは購入者の資力、価値観、必要性などで大きく変わってきます。

一生の住処になるかもしれない住宅。満足のいく家の選び方とはどのようなものでしょうか?
 
 
浦上登

Text:

Text:浦上登(うらかみ のぼる)

サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー

東京の築地生まれ。魚市場や築地本願寺のある下町で育つ。
 
早稲田大学卒業後、大手メーカーに勤務、海外向けプラント輸出ビジネスに携わる。今までに訪れた国は35か国を超える。その後、保険代理店に勤め、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得。
 
現在、サマーアロー・コンサルティングの代表、駒沢女子大学特別招聘講師。CFP資格認定者。証券外務員第一種。FPとして種々の相談業務を行うとともに、いくつかのセミナー、講演を行う。
 
趣味は、映画鑑賞、サッカー、旅行。映画鑑賞のジャンルは何でもありで、最近はアクションもの、推理ものに熱中している。

https://briansummer.wixsite.com/summerarrow

浦上登

執筆者:

Text:浦上登(うらかみ のぼる)

サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー

東京の築地生まれ。魚市場や築地本願寺のある下町で育つ。
 
早稲田大学卒業後、大手メーカーに勤務、海外向けプラント輸出ビジネスに携わる。今までに訪れた国は35か国を超える。その後、保険代理店に勤め、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得。
 
現在、サマーアロー・コンサルティングの代表、駒沢女子大学特別招聘講師。CFP資格認定者。証券外務員第一種。FPとして種々の相談業務を行うとともに、いくつかのセミナー、講演を行う。
 
趣味は、映画鑑賞、サッカー、旅行。映画鑑賞のジャンルは何でもありで、最近はアクションもの、推理ものに熱中している。

https://briansummer.wixsite.com/summerarrow

住宅の選択に当たって何を優先すべきか?

住宅の選択に当たって、検討の対象となりそうな項目をあげてみます。
 
1. 通勤・通学の便
2. 居住性・間取り・広さ・各種設備
3. 一戸建てか、マンションか
4. 建物の仕様(新築か、中古か 耐久性、耐震性、建設業者の信頼性等)
5. 自然環境と立地 (地盤、海辺、川べり、高台、日照等)
6. 人的環境(治安、住宅地か、商業地か。騒音、買い物、病院への利便性等)
7. 経済性 (価格、購入時諸費用、購入後諸費用、住宅ローンの条件)
8. 転売の可能性

上記の項目すべてで満足する物件はまずありません。
 
そうなると、これらのうち何を優先すべきかが次の問題になってきます。
通勤・通学の便はいいが、幹線道路のそばで騒音がうるさい。間取りが広く、ゆったりとしたマンションだが、管理費が高すぎる。キッチンが広く部屋数も多い一戸建てだが、坂道を上る必要がある、等々。
 
「通勤の便が良く、間取りが広くゆったりして、部屋数も多く、周辺は閑静な住宅地で、商店街にも近く買い物にも便利だ」というような物件はなかなか無いのです。あっても、予算の2倍、3倍もする物件だったりします。
 
ある人は通勤のアクセスを優先して、狭い住宅で教育環境もそれほど良くないところで妥協するかもしれません。または、通勤は2時間弱かかっても、広さや周辺環境の良い住宅地を選ぶかもしれません。
 
しかし、買った後でこんな狭い家では息が詰まると嫌になる、毎日2時間弱の通勤に疲れ果てて仕事に集中できなくなる、体調を崩してしまい買ったことを後悔する、などということもあり得ます。
 
どんな住宅を選ぶかは、その人の資力だけでなく、本人及び家族の価値観によるところが大きいと言えます。あなたがマイホームに夢を託すなら、安易な妥協は禁物です。
 

\【PR】自転車保険の義務化にも対応!/

「保険+電力」で家族を守る新電力って?

\【PR】自転車保険の義務化にも対応!/

「保険+電力」で家族を守る新電力って?

即断がいいか、熟慮がいいか?

チェックポイントの多い住宅選びですから、あなたが「住宅選択で安易な妥協はしたくない、満足のいく住宅に住みたい」と思う住宅重視派であれば、時間の許す限りいろいろな物件を見ることをお勧めします。その都度、現地に足を運んで、現物や周辺環境をしっかり見ることです。
 
さまざまな物件に、実際に足を運ぶメリットは次の通りです。
 
1. 本当に何が重要か、自分の中での優先順位が見えてくる。
2. その結果、住宅選択に関する直観力も研ぎ澄まされる。
2. こんなところに、こんないい物件があるのかという発見がある。思わぬ拾い物に巡り合う可能性がある。
 
住宅選びは頭ではなく、足で稼ぐものです。いくら路線図を見たり住宅情報誌を読んでも、頭の中で想像していることと、現地で見ることは全く違います。 何回も足を運び、物件を見ていくうちに、ちょっと見ただけで、これなら間違いがないという直観力もついてくるものです。
 
できるだけ多くの物件を見て、満足のいく住宅とめぐり逢うことを祈念します。
 
Text:浦上 登(うらかみ のぼる)
CFP ファイナンシャルプランナー