更新日: 2019.01.08 暮らし

片づけの美学④ 一番の節約は、自分で片づけること。まずは「整理」からスタート

 
奥野愉加子

Text:

Text:奥野愉加子(おくの ゆかこ)

美学のある暮らし 代表

整理収納アドバイザー認定講師。(photo:キャラバンサライ)
奈良生まれ。大学では生活環境学部にて建築やインテリアを学び、英国インターンや建築設計会社勤務を経て、2011年より愛知県で結婚生活をスタート。長男出産後、夫の赴任で2年間のドイツ生活を経験。帰国後の現在は建築家デザインの家で暮らす、5歳と2歳の男児の母。子育てがひと段落したら、建築や暮らしに関連するような仕事をしたいと考え、「一般社団法人ハウスキーピング協会」の整理収納アドバイザーの資格を取得。認定講師として資格取得のための講座を定期的に主催している。

<美学のある暮らし>

https://www.bigakurashi.jp

奥野愉加子

執筆者:

Text:奥野愉加子(おくの ゆかこ)

美学のある暮らし 代表

整理収納アドバイザー認定講師。(photo:キャラバンサライ)
奈良生まれ。大学では生活環境学部にて建築やインテリアを学び、英国インターンや建築設計会社勤務を経て、2011年より愛知県で結婚生活をスタート。長男出産後、夫の赴任で2年間のドイツ生活を経験。帰国後の現在は建築家デザインの家で暮らす、5歳と2歳の男児の母。子育てがひと段落したら、建築や暮らしに関連するような仕事をしたいと考え、「一般社団法人ハウスキーピング協会」の整理収納アドバイザーの資格を取得。認定講師として資格取得のための講座を定期的に主催している。

<美学のある暮らし>

https://www.bigakurashi.jp

どんな形でお片づけを終わりたいですか?

分けることができたら、次にするのは、完成を想像することです。この場所がどのように収納されていたら便利かなと思い描くのです。例えば、キッチンであれば、キッチンツールを見せるような使い勝手優先のキッチンにしたいか。それともモノが全く出ていないスッキリしたキッチンにしたいか。という具合に、お片づけが終わった時をイメージしてみましょう。

使うモノをカテゴリーに分けていく。

完成の形をイメージできたら、次に使い勝手を考えて、カテゴリーで分けていきます。キッチンであれば、コップ類、食器類、カトラリー、調理器具、食材と・・という風に、自分の使用スタイルも併せて考え、分けていきます。分け方のコツは、ご家庭であれば、お子さんの年齢を考慮すること。お子さんが小さい場合はおかあさんがみんなのモノを管理していることが多いので、家族分をまとめて季節で分けるという形にしてみてもいいでしょう。逆に、お子さまが自分で管理できるような年齢であれば、人別で分けていくという形もいいと思います。正解はないので、見つけるのが楽な分け方を探してみてください。

カテゴリーの中をよく使うモノとたまにしか使わないモノにさらに分ける。

カテゴリーで分けられたら、次はそのカテゴリーの中で、よく使うモノとたまに使うモノにさらに分けていきます。年に一度くらいしか使わないようなモノは、よく使うモノの近くにある必要もないので、移動させるというのもおすすめです。

次は、いよいよ収め方、収納を考えていきます。

ここまで、モノの整理の方法をお伝えしてきました。今まで、このような方法で、モノを見直したことはあったでしょうか? 次回は、整理したモノをどうやって使い勝手よく収納するかということをお伝えしたいと思います。それまでに、引き出しなど小さな場所の整理をしながらお待ちいただけたら、幸いです。