更新日: 2019.03.12 インタビュー

エキスパートに聞く「仕事とお金の話」⑪

松井証券 代表取締役社長 松井道夫氏に聞く。自分のお金を守れるのは自分だけ。自律的に責任をもって自由に生き、投資に向かうことが、大きな経済活動につながる

Interview Guest : 松井道夫(松井証券 代表取締役社長)

執筆者 : 村田保子 / Photo : 岩田えり

Interview Guest

松井道夫(松井証券 代表取締役社長)

松井道夫(松井証券 代表取締役社長)

1953年、長野県生まれ。松井証券代表取締役社長。一橋大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。1987年に義父の経営する松井証券に入社し、1995年に第4代目となる社長に就任。1998年に日本初の本格的なインターネット株取引を開始。バブル崩壊後から外交営業の廃止など次々に改革を断行。99年の手数料自由化で手数料を大幅に引き下げ、個人投資家から圧倒的な支持を獲得。2001年には東証1部上場。「証券界の革命児」と呼ばれる。

松井証券 代表取締役社長 松井道夫氏に聞く。自分のお金を守れるのは自分だけ。自律的に責任をもって自由に生き、投資に向かうことが、大きな経済活動につながる
村田保子

執筆者:村田保子(むらた やすこ)

Financial Field エディター

 

 

岩田えり

Photo:岩田えり(いわた えり)

フリーランス・フォトグラファー

日本舞台写真家協会・会員。タレント・舞台俳優など人物写真を得意とする。

 

 

自分の身は自分で守る。投資信託の仕組みを把握することが大切

——「貯蓄から投資へ」と言われ続け、金融庁も顧客本位の業務運営を求める動きを強めていますが、この流れは本格化すると思われますか?
本格化するかどうかは、消費者が仕組みを理解するかどうかにかかっています。訳も分からないまま、これまでのように2〜3%の手数料を取られ続けるなら、投資なんてやめたほうが賢明です。投資信託の販売会社の儲けは、顧客が負担していることを自覚する必要があります。金融庁は随分前から「貯蓄から投資へ」と言及していますが、その動きはまだ本格化していませんよね。個人の金融資産1800兆円のうち、投資信託は株式と同様に100兆円程度しかありません。それは、世の中の人たちが賢くて、投資信託は販売会社だけが儲かる不合理な商品だと肌で感じていて、近づきたくないと思っているからです。この構造が変わらない限り、投資に向かわないのは当たり前です。
しかし、このままでは日本経済が回りません。投資信託を買うということは、間接的に企業の株を買うことにもつながりますから、企業の資金調達に寄与します。個人のお金が投資信託市場に入ってくれば、資金が循環し、日本経済が活性化するきっかけにもなるでしょう。だから今こそ、投資信託販売の構造を変えたいと思っているんです。

——日本では投資が根付いていないこともあり、投資へとなかなか踏み出せない人も多いようですが、そのことについてはどうお考えになりますか?
生きる上で一番大事なスタンスは、自分の身は自分で守ることです。若い人たちは、その意味をこれから嫌というほど思い知るでしょう。投資も同じです。他人任せではお金は守れない。お金を守れるのは自分だけなんです。それを得るためにどれだけ大変だったか知っているのは自分だけですから。だから投資にも自分で責任をもつことが求められます。とくに若い人は、これから人生のいろいろな局面を迎える中で、お金と無関係に生きることはできません。日本経済の行く末次第では、年金の受取額は先細りですし、ただ銀行に預金しておくだけでは、自分の老後の生活を守れない可能性があるのです。リスクを伴うかもしれないけれど、インフレになった時の備えをする必要もあるでしょう。その備えとして投資は役立ちます。

選んで買うという判断をするのは自分。自律的に投資に向き合う

——これから投資を初めてみたいという若い人たちへメッセージをお願いします。
今後は、国境を越えて人と人がつながっていく時代です。あまり日本にこだわらないで、世界中どこでも行けるんだという感覚をもって欲しいと思います。少子高齢化も国単位で考えているから問題になるだけで、それに惑わされることはありません。個人単位で考えれば、子どもの数が多いほうがいいか、少ないほうがいいかなんて一概に言えない。それは国が決めることではなく、個人の自由であるべきなのです。国家に縛られて一生を終えるのは寂しいじゃないですか。もっと自由でいいと思うし、「国家とは何か」を問い直すような時代が必ずくると思います。
将来的には、ほとんどの労働をAIやロボットがやるようになると言われていますが、それは悪いことではなくて、人間はもっと人間がやるべきことを仕事にできるようになると思います。モノからコトへ消費が移っているのもその前触れ。物質的なことはAIやロボットに任せて、人間は精神的なものに力を発揮すればいいのです。

あるインタビューで松井秀喜とイチローが、目標について同じことを言っていました。「目標は一本でも多くヒットやホームランを打つこと。打点王やMVPなど、自分でコントロールできないことを目指すのは意味がない」といった内容でした。他者が関わる結果は自分でコントロールできないから、自分でコントロールできることだけを一生懸命やるということですね。この自律的な考え方に、深く共感しました。私たちは無意識に、出世や成績トップなど他者との比較を目標にしてしまいます。でもそこにエネルギーを注ぐことを止めて、自律的な生き方をするほうが楽しいと思います。

それは投資にも当てはまります。ぜひ自律的な姿勢で投資に向き合っていただければと思います。自分で考えて判断したことに責任を取れるのは自分だけ。自律的な人間だけが責任を取ることができます。他律的な人間は責任の取りようがありません。責任と自由はセットであり、責任を取らなければ自由もない。他律的に生きることは、自ら自由を放棄することです。とくに若い人には、自律的な生き方を意識して、いろいろなことに挑戦してほしい。多くの人が自律的に社会に関われば、そこから大きな経済活動が生まれていくのではないでしょうか。

(PRコラム)
———————————————————–

松井証券の「投信工房」に興味をもった方、これから投資を始めてみたい方へ、松井証券で投資を始めるメリット、おすすめの使い方などをご紹介します。

〈投信工房の魅力〉
●ロボアドバイザーが最適な運用プランをご提案
簡単な8個の質問に答えるだけで、ロボアドバイザーがお客さま一人ひとりに最適な、世界経済全体に投資する運用プランをご提案します。

●運用成果を妨げない低コスト
投信工房のロボアドバイザーは、低コストを徹底した投資信託選びを行います。また、人手を介さないことで管理料も発生しません。

●100円から積立スタート
資産運用を始めるのに多額の資金は必要ありません。投信工房では、積立投資を100円から始められます。積立のペースも毎月だけでなく、毎週、毎日のように自由に設定できます。

〈松井証券の魅力〉
●取引手数料
株式取引は、一日の約定代金合計10万円まで手数料無料です。ETF(上場投資信託)など10万円以下で買えるものも多数あるので、コストなしで取引することができます。NISA、ジュニアNISAの株式取引手数料は恒久無料です。

●サポート体制
電話、WEB、チャットなどによる充実のお客さまサポートは第三者評価機関より高い評価を得ています。

●情報ツール
無料で使える情報ツールが豊富。他社では有料または条件付き無料の「QUICKリサーチネット」も全てのお客さまが無料で利用可能です。

〈初心者におすすめの使い方〉
●初めてなら「株主優待」に注目
いつも利用している飲食店などへの投資を検討してみては。運営会社(店舗名と運営会社の名称が違うことがあります)が証券取引所に上場していて、「株主優待」という株主向けのサービスを行っていることがあります。松井証券の情報ツールを使って、興味がある企業を調べてみましょう。

●スマホでも
スマホ向けアプリ「株touch」を使えば、外出先でも簡単に株式取引ができます。もちろん無料で利用可能。

〈アクティブな投資のニーズにも〉
●デイトレードにもおすすめ
松井証券は、短期間で売買を繰り返すアクティブな個人投資家からも支持を集めています。デイトレード向けの「一日信用取引」「一日先物取引」は、積極的に取り組んでみたい人におすすめです。

*各商品の詳細、リスクおよび手数料等についてはこちら をご確認ください。

エキスパートに聞く「仕事とお金の話」⑪

  • 1: 松井証券 代表取締役社長 松井道夫氏に聞く。自分のお金を守れるのは自分だけ。自律的に責任をもって自由に生き、投資に向かうことが、大きな経済活動につながる
auじぶん銀行
アメックスグリーンカード