最終更新日: 2019.06.13 公開日: 2019.05.21
家計

【調査】独立・開業に興味を持つ人が一番多いのは何県!?

みなさんは、独立や開業にどのくらい興味がありますか?
 
近年、政府が開業率を上げることを目指しているほか、主婦が自宅で開業するケースも増えるなど、独立・開業が注目されています。
 
そこで今回は、独立・開業支援サイト「マイナビ独立」( https://dokuritsu.mynavi.jp/ )が発表した「2019年版 独立・開業に対する意識調査」(※)の結果を見ていきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

独立・開業の意欲が強いのは九州の人たち?

この調査は、全国の20代~60代の男女2万1318名を対象にしたもの。さっそく中身をチェック!
 
【独立・開業に対する興味】
・興味がある 41.3%
・興味がない 58.7%
 
独立・開業に興味がある人は、全体の4割強という結果に。意外に多くの人が興味を持っているようです。
 
では、興味があると答えた人たちは、どこに住んでいる人が多いのでしょうか。
 
【独立・開業に興味がある割合(都道府県別のランキング)】
1位:宮崎県  52.1%
2位:熊本県  48.8%
3位:沖縄県  48.5%
4位:鳥取県  48.0%
5位:和歌山県 47.2%
 
なんとトップ3を九州・沖縄が占める結果に。西日本とくに九州方面が、独立・開業に対する興味が強いのでしょうか。
 
では逆に、興味が薄い都道府県を見てみましょう。
 
43位:千葉県 35.8%
44位:茨城県 34.7%
45位:徳島県 33.0%
46位:高知県 32.6%
47位:佐賀県 32.1%
 
なんとワースト1位は佐賀県でした。トップ5のランキングでは九州勢が強かったのに、佐賀県は同じ九州でもそこまで独立・開業に興味がないようですね。
 

独立・開業を考えたきっかけは、やっぱりお金?

【独立・開業を考えたきっかけ】
1位:収入を増やしたい       27.9%
2位:やりたいことがある      23.0%
3位:自分の能力を試したい     18.1%
4位:労働環境に不満がある      9.5%
5位:プライベートの時間を作りたい  7.4%
 
1位は、ずばりお金に関することでした。いまよりもっと収入を増やしたいと考えたときに、独立・開業に興味を持つ人が比較的多いようです。独立すると会社に時間を縛られることがなくなるため、プライベートの時間を作りたいという理由も多そうですが、そうでもないようですね。
 
では、いざ独立・開業するときに重視するポイントもお金なのでしょうか?
 
【独立・開業時に重視するポイント】
1位:自分のペースで働ける・自分の時間を持てること 18.0%
2位:自分の考えやアイデアを実現できること     11.9%
3位:これまでの経験や能力が活かせること      11.1%
4位:定年後も安定した生活を得られること      10.3%
4位:生涯に渡って働けること            10.3%
 
この調査結果を見ると、いざ独立したときに重視するポイントは必ずしも収入面ではなく、時間ということがわかります。働き方改革やワーク・ライフ・バランスが注目されるいま、独立・開業においても、重視されるのは適切な労働時間がもたらす「働きやすさ」なのかもしれません。
 

独立・開業するのに人気の業種は?懸念点は?

最後に、独立・開業を考えている人たちに人気の業種や、開業するにあたっての懸念点などを見てみましょう。
 
【興味のある業種】
1位:飲食                  26.1%
2位:IT・通信・情報・携帯電話        17.6%
3位:理美容・整体・エステ・リラクゼーション 15.8%
4位:塾・スクール              11.7%
5位:介護・デイサービス・訪問介護      10.0%
 
唯一20%台に乗ったのが、1位の飲食でした。こう見るとどの業種も資格やスキル、経験が活かせそうなものばかりですね。
 
いますでに飲食店で働いている人たちが「自分のお店を持ちたい」と思っているパターンが多いのか、飲食にゆかりのない仕事をしている人が「飲食に挑戦したい」と思っているパターンが多いのか、気になるところです。
 
【飲食を選んだ理由】
1位:好きな事や物に関われそうだから    23.0%
2位:お客様に喜んでもらえそうだから    19.9%
3位:経験や能力が活かせそうだから     17.2%
4位:収益が期待できそうだから       10.0%
5位:人とのコミュニケーションが好きだから  9.6%
 
飲食を選んだ理由としては、「好きなことに関われそう」「お客さんに喜んでもらえそう」「経験やスキルが活かせそう」といったものが上位でした。やはり接客業ですから、お客さんを喜ばせたいという気持ちを持った人が飲食を選ぶ……というもの納得です。
 
【独立・開業に対して不安に思うこと】
1位:売上・収益の確保について      63.0%
2位:経営に必要な知識や事務処理について 49.6%
3位:開業までの準備・進め方について   46.0%
4位:開業に必要な資金を準備できるのか  41.9%
5位:事業の種類やアイデアの選択について 30.9%
 
独立・開業しても生活が破綻してしまっては意味がありません。やはりいちばん不安に思われているのは、売上や収益の確保についてでした。また、初めてのことだけにどう準備したらいいのか、本当にやっていけるのか、という不安もちらほら見える結果になりました。
 
独立・開業を考えている人向けの公的セミナーなども開かれているので、興味がある方は一度足を運んでみるのもいいかもしれませんね。
 
※株式会社マイナビ「2019年版 独立・開業に対する意識調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 



▲PAGETOP