更新日: 2019.01.08 家計

プチリッチを目指すツボ! フラワー効果で無駄遣いを減らし、暮らしを豊かに

プチリッチを目指すツボ! フラワー効果で無駄遣いを減らし、暮らしを豊かに
毎年の母の日。カーネーションをプレゼントされた方も多いと思います。幸せな香りに包まれて、嬉しい休日になったのではないでしょうか。お花があると、家全体が華やぎますし、心が癒されます。実は、フラワー効果はそれだけではありません。家がスッキリ片付くだけでなく、無駄遣いまで減らすことが出来ます。豊かな暮らしに繋がるメソッドをお伝えします。
 
宮﨑真紀子

Text:宮﨑真紀子(みやざき まきこ)

ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者、相続診断士

大阪府出身。同志社大学経済学部卒業後、5年間繊維メーカーに勤務。
その後、派遣社員として数社の金融機関を経てFPとして独立。
大きな心配事はもちろん、ちょっとした不安でも「お金」に関することは相談しづらい・・・。
そんな時気軽に相談できる存在でありたい~というポリシーのもと、
個別相談・セミナー講師・執筆活動を展開中。
新聞・テレビ等のメディアにもフィールドを広げている。
ライフプランに応じた家計のスリム化・健全化を通じて、夢を形にするお手伝いを目指しています。

フラワー効果で、家じゅうを片付けませんか

お金が貯まりません、といってご相談に来られる方に、数多く会いました。状況は様々ですが、共通点があります。お金が貯まる人は収入が多いけど自分は貧乏だから貯まらない、という勘違いです。お話を伺う限り、皆さん貧乏ではありません。お金はあるのに、整理が出来ていないのです。お金の問題と心理学は密接に関わっていますので、この勘違いが貯蓄の邪魔をしているのです。
カーネーションをプレゼントされた場面を想像してください。その一輪をテーブルに飾ろうとします。お花を飾るためには、テーブルの上をスッキリ片づけることが必要です。読みかけの雑誌や新聞、整理していないDM、ポーチやお財布、テーブルの上が散らかっていませんか。このままだと折角のお花が可哀想です。まず、ここを片付けます。すると、椅子にも上着が置いてあったりします。カーネーションをきっかけに、部屋中を片づけませんか。ひと部屋片付くと、気持ちもスッキリします。さらに、お部屋も広く感じられます。
お金持ちとそうでない家の差は床面積に現れると言います。これは、お金持ちが大きな家に住んでいる、ということではありません。そうでない家はモノが床に置かれていることが多く、散らかっているという意味です。お掃除ロボットで掃除できない状況です。
 

家が片付いたら、次はお金の整理をしましょう

家を片付けることは、空間が綺麗になるだけでなく、イライラの解消効果もあります。まず探し物が減ります。必要なものが見つからず、買った後で見つかったという経験はありませんか。この無駄も無くなります。視界に入る風景がごちゃごちゃしていると、ストレスが溜まり、精神的に疲れてしまいます。ストレス発散の消費は、後で後悔する買い物である確率が高いのです。
先日、興味深い話を聞きました。脳が疲れた状態で買い物をすると良し悪しの判断が鈍るので、買い物は午前中にするのが良いというのです。妙に納得しました。

閑静な住宅街にはお花屋さんが多いです。お花を飾っているマダムたちは、家が片付いているので居心地が良く、喫茶店より家でお茶の時間を楽しみます。喫茶店でのティータイムを否定しませんが、家の方が経済的です。界隈にあるケーキショップが喫茶室を併設していない理由はここにありそうです。

家を片付けてスッキリしたら、お金の整理もしてみませんか? テーブルの上を片付けた要領でスッキリさせると、お金が無いのではなく、使い方に無駄が多いことがはっきりします。プチリッチになることは難しくないのです。

auじぶん銀行