AMERICAN EXPRESSカード

国際ブランドカード

国際ブランドとカード会社の選び方の基礎を徹底解説!

国際ブランドは現状でいろいろとあります。
日本発の国際ブランドとしてはJCBがありますし、世界的なシェアを考えるとVISAやMasterCardが有名です。
その他にもアメリカン・エキスプレスやダイナーズなども聞きます。そう考えると国際ブランドはいろいろとあり過ぎて、何がいいのか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、数ある国際ブランドから何を選べばいいのか、その指針となる考え方を大まかにまとめてみたいと思います。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

初年度年会費無料!
ご入会後1年以内のカードご利用で30,000ポイント獲得可能

「帝国ホテル 東京」にビジネス・カード会員様限定ビジネスラウンジをご用意! 空港ラウンジや手荷物宅配サービスほか、出張時に役立つサービスもあります。 会食や接待にふさわしいお店をコンシェルジェが予約代行も受け付けております。

※基本カード会員様のみ初年度年会費が無料になります。
※メンバーシップ・リワード®のポイントです。

年会費(税抜) 発行期間 ポイント
還元率
旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー
初年度 2年目以降
無料 31,000円 2週間程度 0.3%~0.4% 年会費:500円(税別) ANAマイレージ
デルタスカイマイル
ApplePay
QUICPay
Suica

お申込みはこちら

マトリックス分析でチェック!

  • マトリックス分析をご存じですか?
    評価ポイントが複数ある場合に、混乱せず対象を分析するための思考ツールになります。
    例えばクレジットカードの国際ブランド選びで心掛けたいポイントが、いろいろとあり過ぎて頭が混乱しそうになったら、1つの図にまとめてしまうのです。

    海外旅行にはほとんど行かず、日本での生活がメインという人が、年会費を安く抑えてクレジットカードを持ちたいと思えば、表に従って考えるとJCBがお勧めとなります。

    逆に、日本も海外も同じくらい楽しみたい、なおかつ国内外でハイクラスのサービスが受けたいと思えば、アメリカン・エキスプレスやダイナーズを国際ブランドとして考えてみるといいでしょう。

セキュリティーもばっちり!

国際ブランドが決まったら、今度はクレジットカードを発行する会社選びをしてください。
例えば日本での生活が圧倒的にメインで、なおかつ自動車移動が多い人は、JCBを国際ブランドに持つガソリンスタンドや高速道路の公団が発行するクレジットカードを持ってみると、利便性が高くなります。
逆に移動は自動車ではなく電車だというのならば、私鉄各線やJRが発行するクレジットカードを持てばいいのです。
まずは国際ブランドを選び、その上で何のサービスを主に自分が使っているのか、考えてみてください。
電気屋さんであれば電気屋さん、航空機会社であれば航空機会社が発行するクレジットカードを組み合わせて選んでみてくださいね。

カード名/国際ブランド 年会費(税抜) ポイント還元率/キャッシュバック率 発行期間 旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー 申込
初年度 2年目以降

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
無料 31,000円 2週間程度 0.3%~0.4% 年会費:500円(税別) ANAマイレージ
デルタスカイマイル
ApplePay
QUICPay
Suica

お申込みはこちら

■Tカードプラス(SMBCモビット next)
・旅行保険(海外):
年間100万円までのお買物安心保険
※一部補償の対象とならない商品・損害がございます。
※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。
・ETC(税抜):
※ETCカードご入会初年度無料
※翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料

注目!おすすめ特集

PageTop