法人カード

法人カード

経費の節約や、運用の効率化を見直したいなら!法人カードはコレを選べ!!

法人カードとは、法人(企業や個人事業主)を対象として発行しているクレジットカードのことです。経費の節約や、運用の効率化を目的に使われています。 法人カードは大きく分けて、大企業・官公庁向けのコーポレートカード、中小企業・個人事業主向けのビジネスカードの2つに分けられます。 法人カードの使い方は、一般的なクレジットカードとほとんど変わりません。企業は法人カードを導入した際、従業員にこれを持たせます。そして、出張費や接待費などの経費をカードで支払わせることによって、お金の管理をするのです。 現金払いの場合、経費を立て替えたり仮払いしたりと、とても面倒ですが、カード払いに統一することで経理事務の効率も良くなります。また、決済先がひとつにまとまるので、手数料の削減も見込めます。
また、最近では法人カードによって会社の入退管理を行ったり、社員食堂でカードの電子マネーを利用して、食事ができたりする企業もあります。 さらに、事務用品を購入する際に割引になったり、海外旅行傷害保険など、ビジネス向けの便利なサービスが付いていたりするカードもあります。法人カードは、企業だけでなく、カードを持った個人にもメリットがあるクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

初年度年会費無料!
ご入会後1年以内のカードご利用で30,000ポイント獲得可能

「帝国ホテル 東京」にビジネス・カード会員様限定ビジネスラウンジをご用意! 空港ラウンジや手荷物宅配サービスほか、出張時に役立つサービスもあります。 会食や接待にふさわしいお店をコンシェルジェが予約代行も受け付けております。

※基本カード会員様のみ初年度年会費が無料になります。
※メンバーシップ・リワード®のポイントです。

年会費(税抜) 発行期間 ポイント
還元率
旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー
初年度 2年目以降
無料 31,000円 2週間程度 0.3%~0.4% 年会費:500円(税別) ANAマイレージ
デルタスカイマイル
ApplePay
QUICPay
Suica

お申込みはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

年会費12,000円が初年度無料!

出張費や接待費、通信費、広告費のカードご利用でポイントが貯まり、 空港ラウンジや手荷物宅配サービス等、出張時に役立つサービスをご用意! 貯まったポイントは、アイテムへの交換やマイルに移行可能です。

年会費(税抜) 発行期間 ポイント
還元率
旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー
初年度 2年目以降
無料 12,000円 2週間程度 0.3%~0.4% 年会費:500円(税別) ANAマイレージ
デルタスカイマイル
ApplePay
QUICPay
Suica

お申込みはこちら

JCB 法人 カード

JCBの基本機能+法人ならではのサービスが利用できるカード!

経費の削減と業務の効率化をサポートする「タスカリマックス」&「ソリマチ」
JCBトラベルの利用で旅行予約が簡単!特典付き!
旅行でも急な出張でも便利なチケットレスサービス!

年会費(税抜) 発行期間 ポイント
還元率
旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー
初年度 2年目以降
無料 1,375円 最短1週間 0.47%~1.49% 無料 - Google pay

お申込みはこちら

法人カードのメリット

法人カードは、ビジネスに特化したクレジットカードであるため、仕事上で役に立つ様々なメリットがあります。
そのひとつが、経理の管理が楽になるところです。経理とは会社内のお金の流れや、金額に換算できるものを記録する仕事です。
カード利用ができない場合、経費や交通費は、従業員から領収書を受け取り、精算をします。しかし、そのようなやり取りを行うと申告漏れや、領収書の渡し忘れなどがおこり、経費が経費として落とされなくなってしまうことがあります。そんな時に法人カードを利用すれば、利用履歴や利用明細書によって漏れなく出費を管理することができるのです。個人間の面倒なやり取りをカットできるので経理事務の効率も上がります。

もうひとつは、ビジネスシーンで役に立つサービスが充実しているところです
飛行機や電車、ホテル手配のサービスや、宿泊料の割引、旅行傷害保険など、内容は様々です。これらは、出張旅行の際にあると大変便利です。
さらに、法人カードは持っているだけで、企業の信頼性のアピールになります。法人カードを作るには、それなりの実績があり、利益が見込まれる会社でないといけません。そのため、法人カードを持っているということは、カード会社の審査をクリアした、信頼のおける会社だということの証明になるのです

法人カードの種類

  • 法人カードは主に、「コーポレートカード」と「ビジネスカード」の2つに分けられます。

    「コーポレートカード」は、大企業の役員・社員、官公庁の職員向けの法人カードです。従業員が数千人以上の会社ならコーポレートカードを利用します。そのため、コーポレートカードは発行枚数が多く、カード会社によっては一定数以上の発行枚数を必要としなければカードを作ってくれないところもあります。また、ビジネスカードと比べ利用限度額が大きく、同じ社内でも、法人や部署ごとで個別に利用限度額を設定するところが特徴です。また、カードの審査は企業審査から入るので、ビジネスカードとは違い審査が厳しいのが特徴です。

    「ビジネスカード」は、中小企業や個人事業主向けの法人カードです。ビジネスカードはコーポレートカードより発行枚数が少なく設定されていて、大半は上限が設けられています。 また、コーポレートカードより個人カードに近いスタンスで作られています。

    ひとつ注意したいところは、「コーポレートカード」と「ビジネスカード」の基準についてはカード会社によっても様々なので、絶対こうだという定義はないということです。

法人カードを選ぶ際のポイント

法人カードを選ぶ際のポイントのひとつは、経費削減につながっているかということです。法人カードは大半が年会費有料のため、利用が少ないと損をしてしまいます。年間の利用額と、還元される金額をしっかりと考え、お得になっているかどうかを確認する必要があります。
法人カードには様々な種類があり、特典やサービスがあります。それをうまく生かすことでコストダウンにつながります
例えば、高速道路の利用が多い企業の場合は、ETC法人カードを利用することで交通費を削減することができますし、法人向けガソリンカードを使えばガソリン代を削減することができます。これらのカードは毎月大体の利用額が決まっている企業なら、安定して得をすることができます。
また、海外出張が多いなら、マイルが貯められたり飛行機やホテルの手配サービスが付いていたりするカードがよいでしょう。海外傷害保険も付帯されていると安心です

さらに、もうひとつのポイントはクレジットカードのステータスを重視するかどうかということです。ステータスの高い国際ブランドのカードは、海外での取引などで提示すると、それだけで先方の信頼を得ることもあります。そのようなカードは年会費が高く、2万円、3万円することもありますが、メリットがあるのならば所有するのもよいでしょう。

カード名/国際ブランド 年会費(税抜) ポイント還元率/キャッシュバック率 発行期間 旅行保険
(海外)
ETC
(税抜)
移行可能
マイル
電子マネー 申込
初年度 2年目以降

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
無料 31,000円 2週間程度 0.3%~0.4% 年会費:500円(税別) ANAマイレージ
デルタスカイマイル
ApplePay
QUICPay
Suica

お申込みはこちら


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
無料 12,000円 2週間程度 0.3%~0.4% 年会費:500円(税別) ANAマイレージ
デルタスカイマイル
ApplePay
QUICPay
Suica

お申込みはこちら


JCB 法人 カード
無料 1,375円 最短1週間 0.47%~1.49% 無料 - Google pay

お申込みはこちら

■Tカードプラス(SMBCモビット next)
・旅行保険(海外):
年間100万円までのお買物安心保険
※一部補償の対象とならない商品・損害がございます。
※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。
・ETC(税抜):
※ETCカードご入会初年度無料
※翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料

注目!おすすめ特集

PageTop