公開日: 2020.10.16 暮らし

家飲みのお酒やおつまみどうしてる? みんなの家飲み予算と人気の低糖質おつまみは?

根強い人気を誇る糖質ダイエット。
お酒には糖質が高いものが多いとは知っていても、週末くらいは楽しみたいと思っている人もいらっしゃることでしょう。
最近では、家飲みで低糖質のお酒やおつまみを選ぶ人も増えているのだとか。
 
そこで今回は、酒文化研究所が発表した「ロカボ(低糖質)おつまみランキング」(※1)をもとに、人気の低糖質おつまみをチェックしてみましょう。
気になる家飲み予算も見てみます。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

カロリーや糖質を気にしながらお酒を飲む? 飲まない?

この調査は、お酒好きの100人を対象に行われたもの。みなさん、カロリーや糖質を気にしながら飲酒しているのでしょうか。
 
【飲酒時にカロリーや糖質を気にするか】
・とても気にする    5%
・少し気にする    37%
・どちらとも言えない  9%
・あまり気にしない  31%
・まったく気にしない 18%
 
気にする人が4割強、気にしない人が5割弱という結果に。楽しいお酒の時間に、ついついカロリーや糖質を気にしてしまう人も多いということがわかります。
 
近年はCMなどでも、カロリーや糖質、プリン体が少なかったりゼロだったりするお酒を見かけることも多くなりました。これらのお酒を選んで買っている人も多いのでしょうか。
 
【オフ・ゼロを謳う酒類への態度】
・糖質やプリン体を含まないので蒸留酒を好んで飲む  29%
・糖質やプリン体がオフ・ゼロのビール類を好んで飲む 20%
・糖質ゼロの缶入りチューハイを好んで飲む      15%
・機能性ノンアルビールを好んで飲む          6%
 
もっとも多かったのは、そもそも糖質やプリン体を含まない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を好んで飲むという回答でした。
 
お酒好きの人のなかでも、5人に1人は糖質やプリン体がオフ・ゼロのビール類を好んで飲んでいるということもわかります。糖質ゼロの缶チューハイよりも、オフ・ゼロ系のビール類のほうがやや人気が高いようですね。
 

低糖質おつまみの人気ランキング!

糖質を抑えたおつまみは、どのようなものが人気なのでしょうか。
 
【ロカボ(低糖質)おつまみ人気ランキング】
1位:キノコのガーリック炒め 66%
2位:ピリ辛キュウリ     59%
3位:エリンギの彩り炒め   45%
4位:しらす豆腐のグラタン  43%
5位:おからと枝豆のコロッケ 35%
6位:油揚げチーズクラッカー 34%
6位:ツナ缶パテ       34%
 
1位から3位までは、糖質が低くカロリーも低いキノコ類やキュウリのおつまみがランクイン。たくさん食べてもカロリーオーバーになりにくいのもいいのかもしれません。4位以下は、1位から3位に比べると少しカロリーや脂質が高めの印象です。
 
やはり多くの人が求めているものは、低糖質だけでなく低カロリーでもあるおつまみなのかもしれません。
 

家飲み予算は月平均6000円台

最後に、家飲みの予算について見てみましょう。ビール酒造組合が発表した調査結果(※2)によると、家庭での飲酒予算は以下のとおり。
 
【家庭での飲酒予算】
1位:1000~3000円未満   25.6%
2位:3000~5000円未満   19.1%
3位:5000~7000円未満   18.8%
4位:1万~1万5000円未満  14.1%
5位:1000円未満     8.0%
 
これは、未婚・既婚を織り交ぜた男女1000人を対象とした調査結果です。平均すると月6474円が家飲み予算ということになりますが、もっとも多かったのは「1~3000円未満」という回答でした。
 
ちなみに、男女別の平均は、男性が「7426円」、女性が「5525円」。未既婚については、未婚が「5704円」で既婚が「6909円」とのこと。女性より男性のほうが、独身者より既婚者のほうが家飲みにお金をかけているのですね。
 
お酒もおつまみも予算はほどほどに、そして糖質やカロリーについては低めに設定して楽しむのがイマドキの家飲みなのかもしれません。
 
[出典]
※1 酒文化研究所「ロカボ(低糖質)おつまみランキング」(株式会社共同通信ピー・アール・ワイヤー)
※2 ビール酒造組合 発泡酒の税制を考える会「『ビール』『発泡酒』『新ジャンル商品』の飲用動向と税金に関する調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

自粛中でも楽しめる家飲みのちょっとしたコツって?みんなの家飲みの予算はいくら?
新型コロナで「家飲み」が増加。今後、ビールの税制が変わるって本当?
約半数が新型コロナでお酒を飲む機会が減少。1ヶ月の飲み代はどう変わった?
 



▲PAGETOP