最終更新日: 2020.05.25 公開日: 2020.05.24
暮らし

あのコンビニは使えない?楽天ペイが使用できるコンビニは?

楽天ペイはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど合計7つのコンビニで使うことができます。コンビニで楽天ペイを使うと、お財布を出さずに簡単に決済できて楽天スーパーポイントが貯まるというメリットがあります。
 
また、それぞれのコンビニで利用できるポイントカードを楽天ペイと併用すると、ポイント三重取りができてとてもお得です。この記事では楽天ペイが使えるコンビニについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

楽天ペイとは?

楽天ペイとは、「楽天ペイメント」が運営するスマホ決済サービスです。
 
楽天ペイを使うと、楽天サービスで貯まる「楽天スーパーポイント」をコンビニやドラッグストア、飲食店などの実店舗で使えるようになりますし、楽天のフリマサービス「ラクマ」の売上金から楽天ペイにチャージして支払いをすることもできます。
 
このように、楽天ペイは楽天ユーザーにとって特に利便性が高いスマホ決済サービスとなっています。

楽天ペイのメリット

楽天ペイのメリットとしては、以下の7つが挙げられます。
 
・楽天スーパーポイントを日常生活の支払いに使える
・楽天ペイを使うことで楽天スーパーポイントが貯まる
・期間限定ポイントを無駄なく消化できる
・ラクマの売上金からチャージできる
・5000以上のECサイトでも決済に使える
・使えるお店が多い
・お得なキャンペーンが頻繁に実施されている

 
楽天ペイの一番の魅力は、楽天サービスの利用で貯まる「楽天スーパーポイント」を実店舗やECサイトで支払いに使えるという点です。
 
今までは楽天サービス内でのみ利用可能だった楽天スーパーポイントが、楽天ペイを使うことで色々な場所で使えるようになります。また、期間限定ポイントを支払いに使えるという点も魅力です。
 
今までは期間限定ポイントを消化するために無理に買い物をしていた人も多かったのですが、楽天ペイを使えば、期間限定ポイントを使ってコンビニなどで買い物ができます。楽天ペイでは自動的に期間限定ポイントから消費してくれますので、簡単にポイントを消化することができます。

楽天ペイのチャージ方法

楽天ペイのチャージ方法は以下の3種類です。
 
・楽天カード
・楽天銀行
・ラクマの売上金

 
楽天ペイでは「楽天カードもしくはVisa、Mastercardブランドのクレジットカード」を登録して使うことができますが、楽天ペイにチャージができるのは楽天カードのみとなっています。また、銀行口座からのチャージは「楽天銀行のみ」となっており、その他の銀行口座を登録することはできません。
 
楽天ペイでは、楽天カードや楽天銀行の口座を持っていないと、チャージできる方法がラクマの売上金のみとなるので注意が必要です。
 
楽天では、楽天カードや楽天銀行の口座を新規に開設すると楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを頻繁に実施しています。それらを利用して楽天カードや楽天銀行の口座を新しく作り、まとまったポイントをもらうのもおすすめです。

楽天ペイの還元率

楽天ペイの基本の還元率は0.5%となっていますが、楽天カードでチャージして利用すると「楽天ペイの0.5%+楽天カードでのチャージ分の0.5%=1.0%」、楽天カードを登録して利用すると、「楽天ペイの0.5%+楽天カード分の1%=1.5%」の高還元率になります。
 
楽天ペイを使うと、一定期間後にポイントが還元されて楽天ペイの残高が増え、それをまた日常生活の支払いに使えるのでとてもお得です。楽天ペイを使うと日頃の出費をおさえ、節約することができます。

楽天ペイが使用できるコンビニ

楽天ペイは主要なコンビニのほとんどで、支払いに使うことができます。楽天ペイをコンビニで使うと、スマホだけで簡単に買い物ができ、楽天ポイントを貯めることができます。
 
また、それぞれのコンビニで使えるポイントカードを併用すれば、ポイントの三重取りができてとてもお得ですし、なかなかうまく使い切れない「期間限定ポイント」も簡単に消費することができます。楽天ペイの支払い上限は以下の3種類があります。
 
・クレジットカードを登録している場合は1回50万円まで(ただしクレジットカードの限度額による)
・貯めたポイントで支払う場合は1回3万ポイントまで
・コンビニでの支払いは1回4000円、1日上限額も4000円

 
楽天ペイは最大50万円まで支払いができて利便性が高いことが特徴ですが、コンビニは例外で「1回4000円まで、1日合計4000円まで」が上限です。
 
また、楽天ペイとポイントカードを併用して「ポイント三重取り」ができるコンビニも多くなっていますが、決済機能があるカードと楽天ペイは併用できないことを覚えておきましょう。また、コンビニでは、楽天ペイと以下の支払い方法は併用できないケースがほとんどなので注意しましょう。

・現金
・nanaco
・交通系電子マネー(SuicaやPASMO)
・iDや楽天Edy、QUICPay
・クレジットカード
・その他のバーコード決済

 
それでは、楽天ペイが使えるコンビニを詳しく紹介していきます。

ローソン

ローソンは大手コンビニの1つで多くの人から利用されています。楽天ペイはローソンだけではなく、ナチュラルローソンやローソンストア100でも使うことができます。また、楽天ペイはPontaまたはdカードと併用することができます。Pontaカードかdポイントカードを併用すれば、
 
・楽天ペイとポイントカードでポイント二重取り
・クレジットカードを楽天ペイに登録している場合は、楽天ペイ・クレジットカード・ポイントカードによるポイント三重取り

 
ができてとてもお得です。
 

セブンイレブン

楽天ペイは、日本のコンビニの最大手であるセブンイレブンでも使うことができます。併用できるポイントカードはありませんが、楽天ペイにクレジットカードを登録することで、ポイントの二重取りをすることができます。
 

ファミリーマート

ファミマは全国に幅広く展開している便利なコンビニで、ファミチキなどの総菜が人気です。ファミマでは、楽天ペイとTカードまたは楽天ポイントカードを併用することができます。
 

デイリーヤマザキ

デイリーヤマザキは山崎製パンが展開するコンビニです。コンビニとしての規模は大きくないものの、質の高いパンやサンドイッチなどを買えることから人気があります。デイリーヤマザキでは楽天ペイと楽天ポイントカードの併用が可能です。
 
支払い時には、まず楽天ペイ上の「ポイントカード」のバーコードを表示して読み取ってもらいます。その後、楽天ペイの支払いに使うバーコードを表示しなおして、それを読み取ってもらい支払いをする流れとなります。
 

ミニストップ

ミニストップは関東エリアを中心に全国展開しているコンビニで、ファストフードやスイーツのおいしさには定評があります。ミニストップではWAONポイントカードと楽天ペイの併用が可能です。
 

ポプラグループ

ポプラグループは広島に本社を置くコンビニです。規模は小さいものの全国に約470店舗を展開しており、他のコンビニとは一線を画したお店づくりに定評があります。ポプラグループでは、ポプラと生活彩家で楽天ペイと楽天ポイントカードを併用することができます。
 

セイコーマート

セイコーマートは北海道を中心にしているコンビニで、楽天ペイと楽天ポイントカードを併用することができます。
 

コンビニで楽天ペイが使えない!考えられる理由を解説

楽天ペイがコンビニで使えない場合はいくつかの理由が考えられます。あせらずに以下の項目をチェックしてみましょう。

楽天ペイの支払い上限額を超えている

コンビニで楽天ペイを使った支払いをする場合、1回の決済につき4000円まで、1日の支払い合計額も4000円までと決められています。4000円以上の支払いをしようとするとエラーが出て決済することができませんので注意しましょう。

楽天ペイに登録しているクレジットカードの限度額を超えている

楽天ペイに登録しているクレジットカードの限度額や決済可能残高を超えてしまうと、クレジットカードが使えないので楽天ペイも利用できなくなります。
 
クレジットカードの利用可能額の残りが少なくて決済額がオーバーしてしまう場合や、カード代金の支払いができておらず一時的にクレジットカードの利用をストップされている場合なども、楽天ペイが使えないことがあります。
 
少額の利用でも楽天ペイが使えない場合は、クレジットカードが原因の場合がありますので、カード会社に確認するようにしましょう。

楽天ペイで購入できない商品である

多くのコンビニでは、以下のような商品は楽天ペイを使った支払いができません。
 
・テレホンカード
・プリペイドカード類
・各種商品券
・切手やはがき
・ゴミ処理券
・公共料金支払い
・収納代行票の支払い  など
 
これらを購入しようするとエラーが出てしまいますので注意しましょう。

スマホの液晶にヒビや傷がある

楽天ペイを使うスマホ画面に傷がある場合や大きなヒビが入っている場合、うまくバーコードを読み込むことができず決済ができないことがあります。楽天ペイをスムーズに使いたい場合は、液晶画面に傷がないスマホを使うようにしましょう。

まとめ

コンビニで楽天ペイを使うと財布を出さずにスマートに支払いができますし、楽天スーパーポイントが貯まるので次回もお得に買い物をすることができます。楽天ペイは多くのコンビニで利用することができますので、コンビニをよく利用する人はぜひ楽天ペイを使ってみてください。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

PayPay(ペイペイ)と楽天ペイ、何が違うの?それぞれの特徴をチェックしよう
コンビニはこう使うのが正解! 主婦が知っておきたい節約のコツって?
スマホ決済、たくさんあるけど何が違うの? 主要サービスをおさらい!
 



▲PAGETOP