最終更新日: 2020.05.25 公開日: 2020.05.21
暮らし

楽天ペイでクレジットカードは登録できない?知っておきたいポイント

楽天ペイにはクレジットカードを登録することができますが、楽天カードもしくはVisa、Mastercardのみとなっており、American Express(アメックス)やJCBは登録できないので注意が必要です。
 
また、楽天ペイにいろいろなクレジットカードを登録できるものの、「楽天ペイへのチャージ」は楽天カードのみとなっていますので、楽天ペイを利用するときには楽天カードの利用がおすすめです。
 
この記事では楽天ペイに登録できるクレジットカードや支払い方法について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

楽天ペイとは?

楽天ペイとは楽天グループの「楽天ペイメント」が運営するスマホ決済サービスです。楽天ペイのアプリをスマホに入れるだけで、キャッシュレス決済が簡単にできるようになります。楽天ペイの大きな魅力は、楽天関連のサービスで貯めた「楽天スーパーポイント」を日常の支払いに使えること。
 
今までは楽天のポイントは楽天サービス内のみでしか使えなかったのですが、楽天ペイを使うことで、楽天スーパーポイントがコンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店などの実店舗で使えるようになります。
 
楽天サービスで貯まる「楽天スーパーポイント」を実店舗で有効に使えるようになること、楽天ペイの利用でもポイントが貯まり、そのポイントを再び支払いに使えることが楽天ペイの大きな特徴です。

楽天ペイのメリット

楽天ペイのメリットをまとめると、以下の5点となっています。
 
・楽天ペイの利用でポイントが貯まり、それをまた楽天ペイでの支払いに使える
・ラクマの売上金を楽天ペイで使える
・楽天ペイの還元率は0.5%、楽天カードを使うと1.5%の高還元率になる
・実店舗だけではなく5000以上のECサイトでも楽天ペイが使える
・期間限定ポイントもうまく消費できる

 
楽天ペイはこのように、楽天ユーザーにとって特に利便性が高く、使いやすいスマホ決済サービスとなっています。

楽天ペイの支払い方法

楽天の支払い方法は3種類あります。
 
・コード払い
・QR払い
・セルフ

 
コード払いは、楽天ペイに表示されたバーコードを店員に読み取ってもらうことで支払いする方法です。
 
QR払いは、
(1)店頭に表示されているQRコードを楽天ペイの「読み込み画面」で読み込む
(2)支払い金額を手動で入力して支払いをする

という簡単な手順で行うことができます。
 
セルフ払いは、位置情報を元に表示される店舗を自分で選択し、支払い金額を手動で入力して決済する方法です。コンビニはコード払い、ドラッグストアや飲食店などはQRコード払いが多く、セルフ払いを導入している店舗はまだ少ないのが現状です。
 
楽天ペイを使う場合は、コード払いとQR払いがほとんどですので、この2つの方法に慣れればスムーズに支払いができるようになります。

楽天ペイの還元率

楽天ペイの基本の還元率は0.5%となっていますが、楽天カードを登録すると「楽天カード分」の1.0%が上乗せされ、合計1.5%の高還元率になります。この楽天ペイ利用分のポイントは、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」分とは別に、一定期間後に楽天ペイに付与されます。
 
そしてふたたびそのポイントを支払いに使うことができるため、楽天ペイは「毎日の支出を減らして節約できるお得な支払い方法」といえますね。

楽天ペイにチャージ・支払いできる方法

楽天ペイでは、チャージした「楽天キャッシュ」を使って支払いをする方法と、楽天ペイの「お支払い元」に登録したクレジットカードから直接支払う方法の2通りがあります。
 
楽天ペイの基本の還元率は0.5%で、楽天カードからのチャージで0.5%が上乗せされて合計1.0%のポイント還元、楽天カードを登録し直接支払いにすると1.0%が上乗せされ、合計1.5%のポイント還元となります。
 
楽天ペイに登録できるクレジットカードは
・すべてのブランド(Visa、Mastercard、JCB、American Express)の楽天カード
・他の種類のクレジットカード(Visa、Mastercardのみ)

 
となっており、楽天カード以外のアメックスやダイナース、JCBは登録できないので注意しましょう。楽天ペイにチャージする方法は「楽天カード」「楽天銀行」「ラクマの売上金」の3種類があります。

楽天ペイのチャージ方法 〜楽天カード〜

楽天ペイのチャージができるクレジットカードは楽天カードのみとなっています。楽天カードであれば、どのブランドのものでも使うことができます。
 
楽天ペイへチャージする場合は、まず「お支払い元」に楽天カードを登録します。その後以下の手順でチャージする流れとなっています。
 
(1)楽天ペイ画面の「チャージ」をタップ
(2)チャージしたい金額を手動で入力し「完了」をタップ
(3)金額を確認し、最後に「チャージする」をタップしてチャージ完了

楽天ペイのチャージ方法 〜楽天銀行〜

楽天ペイに登録できる銀行口座は楽天銀行のみとなっています。まず楽天ペイに楽天銀行口座を登録しますが、データが反映されるまで数日かかることもありますので、早めに楽天銀行口座の登録を行っておくことをおすすめします。
 
銀行を登録した後は、以下の手順でチャージすることができます。
 
(1)楽天ペイのホーム画面の「チャージ」をタップ
(2)「チャージ方法」をタップ
(3)「チャージ方法変更画面」で、楽天銀行を選んで「設定する」をタップ
(4)チャージしたい金額を入力し、「完了」をタップ
(5)金額を確認し「チャージ」をタップして完了

楽天ペイのチャージ方法 〜ラクマの売上金〜

楽天ペイを使うとフリマアプリ「ラクマ」の売上金からチャージすることもできます。ラクマからチャージをする場合は、以下の手順となっています。
 
(1)まず、ラクマアプリと楽天IDを連携させる
(2)その後でラクマからチャージする手続きをする
 
【1】ラクマと楽天IDを連携
ラクマと楽天IDを連携させる手順は以下となっています。
 
(1)ラクマアプリのホーム画面左上のメニューボタン「設定」から「楽天IDの連携」をタップ
(2)ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップして完了
 
【2】ラクマの売上金からチャージ
その後、以下の手順でチャージの手続きをします。
 
(1)ラクマの「マイページ」タブから「売上・ポイント管理」をタップ
(2)「売上金を楽天キャッシュにチャージ」をタップ
(3)チャージする金額を入力し、「チャージする」をタップ
 
これで指定した金額が楽天キャッシュにチャージされ、楽天ペイ上に反映されます。

他のキャッシュレス決済とのチャージ・支払い方法比較

楽天ペイ、PayPay、メルペイのチャージ方法や支払い方法を比較してみましょう。
 


 
楽天ペイは楽天カードもしくはVisa、Mastercardであれば登録することができるため、ヤフーカードのみとなっているPayPayや、クレジットカードを登録できないメルペイと比べると利便性が高いといえます。
 
逆に、楽天ペイは楽天銀行からしかチャージができないため、多くの銀行からチャージできるPayPayやメルペイに比べて利便性が低くなっています。PayPayとメルペイはセブン銀行ATMから現金を使ってチャージができますが、楽天ペイはできないということもデメリットです。
 
フリマサービスの売上金の利用は、
 
・楽天ペイはラクマの売上金
・PayPayはヤフオク!、PayPayフリマの売上金
・メルペイはメルカリの売上金

 
からそれぞれチャージをすることができます。自分が利用しているフリマサービスに合ったスマホ決済サービスを選ぶと、より便利にキャッシュレス決済を利用できるようになります。

楽天ペイでチャージする際の注意点

楽天ペイのチャージで注意する点は、以下の2つです。
 
・チャージは楽天カードからしかできない
・楽天ペイに楽天銀行を登録した後、数日はチャージできないことがある

 
楽天ペイのチャージは楽天カードからしかできないため、「クレジットカードからこまめにチャージして使いたい」という人は、あらかじめ楽天カードを作っておく必要があります。
 
楽天カードでは、新規にカードを作る人向けのお得なキャンペーンを実施しており、条件を満たすと5000ポイントなどまとまったポイントを獲得できるのでおすすめです。
 
また、楽天銀行からチャージをするためには、楽天ペイに口座情報を登録する必要がありますが、情報が反映されるまでに数日かかることがあり、すぐにチャージはできないこともあります。楽天ペイを使うときには早めに銀行口座の登録を行っておきましょう。

まとめ

楽天ペイは楽天カードもしくはVisa、Mastercardブランドのクレジットカードを登録することができますが、チャージは楽天カードしかできないので注意が必要です。
 
楽天ペイで楽天カードを使うとポイント還元率が1.5%と高くなります。また、簡単にクレジットカードからチャージができるようになり、チャージ利用の際も合計1.0%の還元となります。楽天ペイをよりお得に便利に使いたい場合は、楽天カードをぜひ一緒に利用してみてください。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

PayPay(ペイペイ)と楽天ペイ、何が違うの?それぞれの特徴をチェックしよう
スマホ決済、たくさんあるけど何が違うの? 主要サービスをおさらい!
最近よく聞く「◯◯ペイ」自分に合うのはどれ?5つのペイの特徴を知ろう
 



▲PAGETOP