最終更新日: 2020.05.25 公開日: 2018.06.29
暮らし

海外旅行でおトクに外貨を使うには? 後編:海外では極力現金を使わないほうがいい!? 現金の両替よりもおトクな方法は?

海外でお金を使う手段にはいくつものバリエーションがあります。大きく分けると、1.外貨を現金で手に入れる、2.現金を経由せずに支払う、の2つに分けられます。
 
前編では1.のうち、現金から現金へ両替する方法と注意点、続く中編では、1.のうち現地ATMで外貨を引き出す方法について紹介しました。
 
後編では、2.の方法について紹介します。
 
福島えみ子

執筆者:

執筆者:福島えみ子(ふくしま えみこ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
マネーディアセオリー株式会社 代表取締役
リュクスセオリーFPサロン 代表
大学卒業後、都市銀行に入行。複数の銀行、法律事務所勤務中に、人生の悩みは結局のところお金と密接に関係することを痛感、人生をより幸せで豊かにするお手伝いがしたいとファイナンシャルプランナーに。FP会社にて勤務後、独立。これまで500件以上の個人相談を担当すると共に、セミナー、執筆と幅広く活動。相続・資産運用・住宅相談・リタイヤメントプラン等を得意とし、個人相談にも力を入れる一方で、セミナーや企業研修、執筆を通じてわかりやすくお金の知識を発信することに注力している。

http://mdtheory.co.jp/

詳細はこちら
福島えみ子

執筆者:

執筆者:福島えみ子(ふくしま えみこ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
マネーディアセオリー株式会社 代表取締役
リュクスセオリーFPサロン 代表
大学卒業後、都市銀行に入行。複数の銀行、法律事務所勤務中に、人生の悩みは結局のところお金と密接に関係することを痛感、人生をより幸せで豊かにするお手伝いがしたいとファイナンシャルプランナーに。FP会社にて勤務後、独立。これまで500件以上の個人相談を担当すると共に、セミナー、執筆と幅広く活動。相続・資産運用・住宅相談・リタイヤメントプラン等を得意とし、個人相談にも力を入れる一方で、セミナーや企業研修、執筆を通じてわかりやすくお金の知識を発信することに注力している。

http://mdtheory.co.jp/

詳細はこちら

おすすめは現金を介さない支払い方法

ここまで、外貨現金を手にする方法を紹介してきましたが、2.現金を経由せずに支払う、方法もあります。それは、下記のような方法です。
 
1)デビットカード(プリペイドカード)で決済
2)クレジットカードで決済 
3)電子マネーで決済
 
デビットカードは、お店などでそのカードで支払えば、銀行口座やプリペイドチャージ分から即時に引き落とされる決済方法です。したがって、適用為替レートはその時のレートです。
 
ショッピングなどで利用する際の手数料は、中編の海外プリペイドで触れたとおり、0.8~5%までカードによって幅があります。そのため、同じ物を買ってもカードにより円での支払金額が違ってきてしまいます。
 
なお、デビットカードを使う際は、引き落とされる口座やチャージの残高に不足がないか気を付けておきましょう。
 

クレジットカードを使う場合の注意点

海外でのクレジットカード利用が他の方法と最も違うのは、“利用した日の為替レートで請求されるとは限らない”という点です。
 
では、いつの時点の為替レートなのかは、カード会社が支払い処理を行った日など、各カード会社でさまざま。さらに、この為替レートには、1.6%などの事務処理手数料がプラスされます。
 
為替に慣れた人なら、この先、今より円高を見込むならクレジットカード決済、円安と見込むならデビットカードと使い分けるのも良いですが、「そんなことまで考えていられないよ」という人は、自分のクレジットカードのポイント還元率も踏まえて考えてみるのもよいでしょう。
 

コンタクトレス決済、電子マネー

旅行先が電子マネー普及国ならば使い勝手が良いのが、コンタクトレス(非接触)決済です。
 
とはいえ、海外では日本で使える各種電子マネー等が必ずしもそのまま使えるわけではありません。国により差があるものの、Visa PayWaveやMastercard ContactlessなどのNFC方式のほうが海外では優勢です。
 
そして、コンタクトレスには、デビットカードの即時決済タイプとクレジットカードでまとめて決済するタイプとがあり、ショッピング利用の手数料はそれぞれのカードにより異なります。
 
コンタクトレスのメリットは、手軽さと安全面です。海外で、お店のスタッフがクレジットカードを持って奥に消えようものなら、情報が抜き取られ不正利用されたらと不安が頭をよぎる人もいることでしょう。
 
これなら、レジ等でピッとかざすだけで良いので、自分の手からカードを離さずにすみます。モバイルでスマートフォンの中に入れておき、スマートフォンで決済することも可能です。
 

おトク+使い勝手の良さで決めよう

さて、ここまでさまざまな方法をご紹介してきましたが、それぞれ場所や各カード、金融機関などや旅先の国によってコストやおトクな方法は異なります。
 
例えば、筆者の場合は、現金支払は極力避け、使えるところはなるべくコンタクトレス決済です。そしてクレジットカードとデビットカードはその時々に応じて使い分けます。
 
海外では特定のクレジットカード使用で割引を受けられる場合もありますし、為替レートの点からも選択肢を持っておきたいからです。
 
また、ショッピング手数料(事務手数料)が安いと思えばATM手数料が高かったり、ATM手数料は無料と思えばショッピング手数料が高かったりと、カードによって手数料はさまざまですから、手段からカードを複数持って使い分けています。
 
このように旅行先や使う人によって、使い勝手の良い方法、おトクな方法もさまざまですが、旅行が決まったらぜひ早いタイミングで、どの方法で外貨を使うか検討してみてください。
 
自分が旅するタイミングが為替のベストタイミングとは限りませんし、ここで紹介した各カードや口座を作るのにも日数がかかります。
 
海外旅行は、何かと現地での出費もかさみがち。さまざまな支払方法を使いこなして、旅を最大限楽しんでください。
 
Text:福島 えみ子(ふくしま えみこ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
マネーディアセオリー株式会社 代表取締役
リュクスセオリーFPサロン 代表



▲PAGETOP