最終更新日: 2019.01.10 公開日: 2018.07.28
保険

こんな保険まであるの?「あったら良いな!」があるかも知れない…少額短期保険(損保系)を知ってますか?

執筆者 : 大泉稔

平成18年4月に登場したニューフェイスな少額短期保険。
 
本日は、その少額短期保険の中でも、損害保険と思しき商品を見ていくことにしましょう。
 
大泉稔

Text:

Text:大泉稔(おおいずみ みのる)

株式会社fpANSWER代表取締役

専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師
明星大学卒業、放送大学大学院在学。
刑務所職員、電鉄系タクシー会社事故係、社会保険庁ねんきん電話相談員、独立系FP会社役員、保険代理店役員を経て現在に至っています。講師や執筆者として広く情報発信する機会もありますが、最近では個別にご相談を頂く機会が増えてきました。ご相談を頂く属性と内容は、65歳以上のリタイアメント層と30〜50歳代の独身女性からは、生命保険や投資、それに不動産。また20〜30歳代の若年経営者からは、生命保険や損害保険、それにリーガル関連。趣味はスポーツジム、箱根の温泉巡り、そして株式投資。最近はアメリカ株にはまっています。

詳細はこちら
大泉稔

執筆者:

Text:大泉稔(おおいずみ みのる)

株式会社fpANSWER代表取締役

専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師
明星大学卒業、放送大学大学院在学。
刑務所職員、電鉄系タクシー会社事故係、社会保険庁ねんきん電話相談員、独立系FP会社役員、保険代理店役員を経て現在に至っています。講師や執筆者として広く情報発信する機会もありますが、最近では個別にご相談を頂く機会が増えてきました。ご相談を頂く属性と内容は、65歳以上のリタイアメント層と30〜50歳代の独身女性からは、生命保険や投資、それに不動産。また20〜30歳代の若年経営者からは、生命保険や損害保険、それにリーガル関連。趣味はスポーツジム、箱根の温泉巡り、そして株式投資。最近はアメリカ株にはまっています。

詳細はこちら

シンプルなのがウリ(?)…賃貸アパートや賃貸マンションに入居する人のための火災保険

少額短期保険の契約件数のうち、85%が火災保険が占めていると言われています。その火災保険の多くが「賃貸アパートや賃貸マンションに入居する人」のための火災保険です。
 
「家財の補償(=200万~800万円の中から選択)」に「借家人賠償特約+個人賠償特約=1000万円」がセットされた、いわば火災保険のパッケージ商品です。保険期間は賃貸の期間に合わせて2年間、保険料も1万2000円~2万円の1000円刻み、とシンプルなのが特徴です。
 

心理的瑕疵物件に備える(?)…マンションオーナーやアパートオーナー向けの火災保険

賃貸アパートの居室で、「死後○日経ってから発見」といったニュースをたまに見かけます。少額短期保険の中には、そんな心理的瑕疵物件の清掃(=特殊清掃)費用や、家賃のディスカウント分を補てんしてくれる保険があります。
 
賃貸アパートの居室で事件が起こってしまうと、その後の清掃に多額の費用がかかったり、清掃したとしてもディスカウントした家賃にせざるを得なかったりします。アパートのオーナー(大家)にとっては、いわゆる心理的瑕疵物件は頭の痛い問題です。このような保険に加入しておくと安心ですね。
 

山での遭難には莫大な費用が…山登りをする人のための救難の保険

8月に新たに設けられた「山の日」。夏の登山シーズンには、時々「○○山で遭難」というニュースが流れます。捜索のためヘリコプターを飛ばすと、民間航空では1時間当たり46万5000円かかるという話もあります。すぐに見つかると良いのですが、何時間もかけて捜索となるとその費用は莫大です。
 
そんな時のための保険があります。年間、数千円の保険料で、保険期間は1年間。捜索に充てるための保険金は300万円です。ちなみに、国や自治体が保有するヘリコプターによる捜索費用は「無償」と紹介される場合が多いようですが、埼玉県では「5分5000円」を徴収する条例があるそうです。
 
ということで、「山に行く人」は、服装に食料、それに保険も併せてお考えくださいませ!
 

痴漢冤罪のニュースで一世を風靡(?)…弁護士費用保険

自動車保険や火災保険にも弁護士特約はありますが、利用できる「事故」が限られているのではないでしょうか?
 
まして、痴漢冤罪などで「加害者側」に立たされてしまった場合には…?加害者や被害者のどちらの立場でも、弁護士費用をカバーしてくれる、そんな保険があります。親族間や離婚などの「身内の争い」なども対象に含まれているので、気になる方は確認してみてください。
 

行きたかったライブのチケットをゲット…当日になって、自分の都合でキャンセルした時に…チケット保険

人気があり値段も高いチケットを手に入れたものの、当日になって体調を崩してしまった、タイミングよく出張を組まれてしまった、身内に不幸があった…などの経験はありませんか。
 
じつは、「自分の都合で、ライブやイベントをキャンセル」してしまった時に、チケット代を保険金として払ってくれる保険があるんです。チケット代さえ戻ってくれば、今回は行けないけど次回のチケット代に…ということもできますよね。
 
ライブやコンサートによく行くという方は、検討してみてはいかがでしょうか。
 

まとめに代えて…

少額短期保険の商品の、ごく一部を紹介させて頂きました。「あったら良いな」というようなものが見つかるのが、少額短期保険です。気になるものがありましたら、ぜひチェックしてみてください。
 
Text:大泉稔(おおいずみ みのる)
株式会社fpANSWER代表取締役 専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師

   

【PR】あなたの不安をFPに無料相談してみませんか?



▲PAGETOP